世の中のほとんどの出会い系サイトは悪徳出会い系サイトです

798_s_mini現在、多くの出会い系サイトには、サクラ業者が大量に存在しています。

サクラというのは、出会い系サイトがやとったアルバイトのこと。女性会員のフリをしてメールをさせて男性会員からどんどんお金をまきあげていく。

業者というのは、他の悪徳出会い系サイトの人間が、優良な出会い系サイトに女性会員として侵入して、「コッチの出会い系サイトで話そうよ」なんて言って誘導する出会い系業者

このうち、サクラ対策は本当に簡単。

ハッピーメール・ワクワクメール・PCMAX などの大手出会い系サイトを利用すれば、サイト側が雇ったサクラはぜったいにいません。そもそも、サクラを雇っているような悪徳出会い系サイトは、評判が悪くなってくると、閉鎖して復活してサイト名を復活するなどして、またゼロからスタートを繰り返すんです。

つまり、老舗の大手出会い系サイトなら安心というわけです。

とにかく、ワクワクメール・イククル・PCMAX に入会しておけば、それでことたります。悪徳出会い系サイトの「完全無料」にだまされないようにしてください。

さて、いっぽうで業者に関しては、これは出会い系サイト側では防ぎようがありません。どの出会い系サイトにもかならず存在します。そちらに関しては、当サイトでいろいろと対策を書いていきますから、ぜひ参考にしてみてください。

これで好印象ゲット!出会ってすぐの振る舞い方で気を付けたいポイント3選

「この子と付き合いたい!」と思える女性に出会ったら、アプローチを仕掛けていきたいものですよね。

けれど、最近はインターネットやアプリで恋愛系の知識を得ている女性も多く、「●●な男性は気を付けろ!」「●●に振る舞う相手なら恋愛に発展しない」など知識を元にして男性を見る目が厳しくなっています。恋愛に発展させるまでの道程すら厳しくなっている時代ですから、付き合う前の振る舞い方、特に出会ってすぐの振る舞い方には気を付けるべきです。

最初に好印象を得ていれば、その後、恋愛に発展させやすくなるのです。それでは、どんなことに気を付けたらいいのでしょうか。

今回は、出会ってすぐの振る舞い方で気を付けたいポイントを3点お話します。

1.最初は時間が肝心

最初のデートや合コンで盛り上がると、相手ともっと長く一緒にいたいと思ってしまいますよね。これは、男女共通で言えることです。しかし、お開きの時間が遅くなることで感じる内容は男性と女性では異なります。

女性の場合は、お開きの時間が遅くなると終電に間に合わなくなった時、体の関係を求められるのではないかと不安になる人も多いです。また、肉食女子が一時期話題になりましたが、そうしたタイプの女性ばかりではなく、「最初から体の関係を持ったら付き合えないんじゃないかな」「いきなり体の関係を持ったら軽く思われてしまうかも……」と不安になる女性も多いのです。

ですから、名残惜しいかもしれませんが、良い恋愛に発展させたいならば最初のデートや合コンは終電までの時間に余裕を持って終わらせましょう。その方が、お互いに「また会いたい」という気持ちが強まりますよ。

2.お金の払い方で好感度が変動する

女性と食事をした時、皆さんはどのように支払いをしていますか?女性と二人で食事をしたら奢るのが当然だと思っている人もいるでしょうし、女性にも払ってもらって自分の方が少し多めに払うという形で支払いをする人もいるでしょう。

社会人になったばかりだと金銭的に余裕がないこともありますが、余裕が出来るようになると気になる女性の前ではかっこつけたくなるものですよね。食事の時に奢るというのは悪いことではありませんが、一つ気を付けたいことがあります。

それは、同年代の女性との食事の時です。同じように経験を積んでいる女性は自立心も強く、一方的に奢られるのを嫌う女性もいます。そうした女性との食事の時には、奢ったことを女性にアピールしないようにしたり、女性が自分も支払うといった時には「男だから」「女だから」という考えを持ち出したりせず、素直に受け取っておきましょう。それでも、支払いたい時は「じゃあ、今度何か奢って」と冗談めかしく言うようにすれば女性の自立心も傷つかず、上手くいけば次回の約束も取り付けられます。

3.理想のタイプを細かく話すのはNG

「こんな女性と付き合いたい」という理想があるのは当然でしょう。しかし、それを女性の前で口にするのは危険です。

理想のタイプを聞かれた時、女性はどのように答えているでしょうか。婚活パーティーなどになれば理想の年収や将来のビジョンなど細かく答える女性もいるでしょう。しかし、合コンや街コン、友達の紹介で会った時などには、「優しい人」「思いやりのある人」「面白い人」など漠然とした答え方をする女性が殆どです。この答え方の背景には、純粋にタイプを答えている場合もありますが、細かく答えることで男性から敬遠されるリスクを減らすという心理もあります。

好きなタイプを女性に聞き、いきなり詳細な理想を答えられたら反応に困りますよね。これは、女性も同じように感じます。ですから、女性が好きなタイプを漠然とした内容で答えるように、好きな女性のタイプを聞かれたら細かく答えるのは避けるべきと言えます。

肉食系女子との出会いを確実なものにする!その秘訣とは?

ステキな肉食系女子と出会ってみませんか?

ステキな女性との出会いを求める男性の中で、意外と避けて通ってしまうのが、「肉食系女子」の出会いじゃないでしょうか?

「だって、怖いじゃないか!」、なんて考えてはいけません!

肉食系女子は、常に前向きで恋愛に積極的。自分に対する美意識も高いので、見た目可愛く人付き合いも良いので、一緒にいて楽しいんです。
そんな肉食系女子に、狩られてみたくはないですか?

肉食系女子と恋愛のメリット

「肉食系」と聞くと、派手な外見で男好きというイメージがありますが、そういう訳じゃないんです。

肉食系女子の特徴は、

  • 行動力がある
  • 明るくて前向き
  • 人脈が広い
  • 知識が豊か
  • 趣味が多い

で、彼女たちはとても男性との前向きで、持ち前の明るさを武器に、一生懸命自分の魅力をアピールしているだけなんです。

「守ってもらいたいわ」なんて図々しい女性も多い中、肉食系女子は自立していて、男性が負担に思うほど依存してくることはありませんし、逆にあなたが落ち込んでいたら、「あなたなら大丈夫、元気出そうよ!」とはげましてくれる尽くし系の女性が多いです。

肉食系女子との恋愛の注意点

肉食系女子とうまく出会えたら、肉食系だからこそ出会いから恋人同士へと、あなたが臨みさえすれば二人の関係発展はスムーズに進みます。
しかし、ここで要注意!

肉食系女子の恋愛の特徴としては、

  • 情熱的
  • 男好きする
  • ボディタッチが多い
  • 賑やかな雰囲気が好き

この4点があげられるので、もしかしたら、他の男性と仲良くしているところを見せられて、ヤキモキさせられてしまうかも!

肉食系女子は保守的な男性はちょっと苦手なので、ここで焼きもちを焼いて彼女を責めてしまったら、フットワークの軽い肉食系女子に逃げられてしまう可能性があります。

それではどうすればいいか?それは、肉食系女子をガッチリ捕まえておけるように、彼女の情熱的な面に自分をアピールすればいいんです。

肉食系といわれるだけに、彼女たちは好むのは情熱的な、相手から求められる恋愛です。

恥ずかしがらずに「好き!」と言葉で伝えたり、ギュッと抱きしめて態度で愛情を示せば、きっと彼女もあなたの罠にはまってしまうはず!

積極的な彼女には、積極的な態度で、肉食系女子との出会いを確実なものに進めていきましょう。

女性が出会い系を利用するメリットを知ると成功率アップ!

出会い系サイトを利用する男性でも、そのサイトのイメージは様々でしょう。中には出会い系サイトを利用する女性に対してネガティブなイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

ここでは、出会い系サイトを純粋に利用している女性もいる、そんな女性と出会う成功率を上げる方法を紹介しましょう。

女性は基本無料で男性を選別している

男性会員は出会い系サイト内で最初の方は無料ポイントがあるものの、お金が掛かってしまいますよね。それに対して女性は無料のケースが多いです。

そこで、女性は無料で男性との出会いの場、コミュニケーションの場が提供されることになります。少しの優越感もくすぐった感じがしますが、女性には魅力的なものです。「婚活までは考えてないけど…。」なんて女性も出会い系はハードルが低いものなんですね。真面目な女性は出会い系サイトでも男性を見る目はシビアと言えるでしょう。なので、ネガティブな考えで女性を見るのはNGです。

怯まずきっかけを簡単に作ってみる

女性だって出会いが無いから出会い系サイトに来ています。職場など普段の生活ではなかなかいい出会いもないから出会い系サイトを利用している女性も多いんですね。そこで、出会い系ならば男性の数が多いので、簡単に出会えるというメリットがあります。出会い系サイトの比率は男性の方が多いので、出会いを求める女性にはとても便利なんですね。

何より日常生活の中で恋愛をすることで、しがらみが邪魔をするものです。そういったしがらみがないのも女性にはいいポイントなんです。軽い気持ちでも、真面目でも、非日常を味わいたい女性をゲットできるチャンスが転がっているんだと思ってきっかけを作りましょう。結構簡単なものです。

内面重視の女性も多く存在する

例えば、見た目に自信のない方でも出会い系なら素敵な女性に会えるチャンスがあると言えます。合コンなどの席では短期勝負が要求されるものです。中身をアピールするにはあまりにも時間が短すぎます。

それは、男性だけの話ではありません。女性だって同じ事です。逆に派手に見られて変な男しか寄ってこないという女性だっているんです。出会い系では顔が見えない期間が長い分、内面を重視している女性が多いでしょう。内面をアピールする、時間をかけて恋愛をする女性が多いのです。外見に自信がなくても、女性はしっかり男性の中身を見てくれます。

どうしても女性が選択権を持っていると思われがちな出会い系サイトですが、真面目な恋愛をしたい女性も多いのです。遊び目的の女性が多い、冷やかしが多いと悩まないでくださいね。ちゃんと前向きな出会いを求めている女性にヒットすることもあるんです。いい出会いを逃さないように、しっかり女性を見極めましょう。

出会い系サイトに自己PR文を載せる際のコツ

出会い系サイトで、素敵な女性と知り合いたいアナタ。その目的は何でしょうか? 暇つぶしに時々、女の子と遊ぶことですか?それとも、いずれは結婚まで見据えられるような真剣なおつきあいをすることでしょうか?

どんな出会いを目的としているかによって、当然、サイトに載せるプロフィールや自己紹介文の書き方は変わってきます。

まずは、自分の目的がどちらなのかをハッキリさせた上で、以下の記事を参考にしてみてください。

気軽に遊んでくれる女性を見つけたい場合

気軽に遊んでくれる女性を見つけたい場合の自己PRの書き方は、それほど難しくありません。この場合は、自分の気持ちを素直に書いてしまって大丈夫です。たとえば「暇なので、◯◯近郊で今すぐ遊んでくれる女性を探しています。いいよ!って人は、こちらに連絡をください」程度で充分でしょう。

誠実さを匂わせる必要もありませんし、安全であることをやたらと強調する必要もありません。むしろ、ノリの良さやフットワークの軽さを全面に出した方が、同じ波長を持った女性が寄ってきてくれます。

また、このケースの場合、写真は、みんなで旅行へ出掛けた時のものや、同性の友達と撮ったプリクラなどを用意するのがベストです。友達が多く、人生をライトにエンジョイしている感を出すのが良いでしょう。もちろん、友達の写真をネットにアップする際は、必ず許可を得るか、顔をハートマークで隠すなどの加工をしてあげてくださいね!

真剣に交際できる相手、未来のお嫁さんを探したいという場合

さて、問題は出会い系サイトで、真剣に交際できる相手、未来のお嫁さんを探したいという場合です。いずれは結婚までしたいと考えているのに「暇なので遊びましょう」的なスタンスを最初から取ってしまうと、「軽い人」という印象を抱かせてしまい、後々になって真面目な交際を申し込んだ際に、拒否されてしまう可能性があります。では「結婚を前提に、真剣にお付き合いしてくれる人を探しています」と正直な気持ちを書けば良いのかというと、これでは逆に出会い系サイトにそぐわない「重さ」に、女性が敬遠してしまいます。

軽くても重くてもいけないだなんて…難し過ぎる!と思うかも知れませんが、コツさえ覚えてしまえば簡単です。まず、どんなに真剣な気持ちがそこにあったとしても「結婚」の2文字を掲載するのは控えておきましょう。どうしても相手に「結婚」を意識して欲しい場合は、比喩を使うことをオススメします。「結婚」と、直接的な言葉は書かずに「お互いを永く思い合っていける関係」「ずっと一緒にいて癒されるような関係」と、遠回しに書くのです。

このことを大前提とした上で、相手の気持ちを掴む自己PR文の書き方についてお伝えしていきますね!

自己PR文の書き方

真面目なお付き合いができるような相手を探しているのであれば「友達」「友人」という言葉を上手に使ってください。「気の合う友達を見つけられたらいいな、と思っています」「趣味の話で盛り上がれたり、悩みを相談しあったりできるような友人を探しています」というように、あくまでも「友達」を探しているのだというスタンスで書き始めるのです。

ただし、このまま最後まで書いてしまうと、「なんだ…、ただ友達を探してるだけなんですね?」という誤解を抱かせてしまいかねませんので、ここから大事な一言を付け加えていきます。そのフレーズとは、「もしフィーリングが合えば、そこから恋人同士の関係に発展したり…なんてことがあると嬉しいです!」ズバリこれです。これで、本当は「友達」ではなく、真剣に交際できるような「恋人」を探しているのだということを、暗に理解してもらうことができます。

この時、決して偉そうな書き方にならないよう、充分に注意してくださいね!「波長が合いそうな人とは、付き合ってもいいかなと思っています」なんて書き方は、論外です!「波長が合ったら、恋人として付き合いましょう」程度の言い方ならOKと思ってしまうかも知れませんが、これでもまだまだ偉そうに聞こえてしまいます。この書き方だと「恋人として付き合っていくどうか、なんでアナタに決定権があるわけ?」と思われてしまう可能性があるからです。

友達同士の関係から、いずれは恋人同士に関係性を発展させて行きたいというアナタの希望を伝える際には、恋人になれたら「嬉しい」、あるいは恋人のような関係になっていけたらと「願っています」と書きましょう。あくまでも「そうなれたらいいな…」と思っていることのみを、低姿勢で書くことが重要なのです。

さらに、アナタと友人になると、どのようなメリットがあるのかを魅力的にアピールできたらパーフェクトです!「パソコン関係にはけっこう強いので、困ってることがあれば助けられると思いますよ!」とか「ライブに行ったり、映画を観たりするのが好きなので、一緒に楽しみましょう!チケットを取るのは得意なので、希望さえ伝えてもらえたら、あとは僕が用意します」というように。困った時に助けてくれたり、面倒なことをやってもらえたり…、自分がエスコートしてもらっているイメージを抱くことができると、女性はその相手に対して好印象を抱きます。

ただし「僕は面白いですよ!」と書くのはNG。これだとハードルが上がってしまいますし、そもそも、本当に面白い人は、こういった場面で自分のことを「面白い」と簡単にアピールしたりしません。もし、面白いことが取り柄だと思うのであれば「芸人を目指していたことがあるので、話をするのは好きな方です」などと書くのがオススメです!

以上、出会い系サイトに自己PR文を載せる際のコツについてお伝えしてきました。是非、参考にしてみてくださいね!

男性が恋人を作るときに知っておきたい2つのデータとは

ここでは男性が恋人を作るときに知っておきたい2つのデータを紹介します。

その2つのデータとは、「告白人数」と「ネットでの出会いの割合」。

最近は恋愛に対して消極的な男性も増えてきていますね。ただ恋人が出来る人の告白人数を知ると、考え方も変わってくるでしょう。

そしてネットでの出会いも恋人を作りたいと思っている男性には知っておきたいこと。

勇気が湧く2つのデータをご紹介しましょう!

恋人がいる男性はたくさん告白している?

まず1つ目の情報が告白人数。

恋愛や婚活の実態調査を行っているブライダル総研によると、恋人がいる男性がこれまでに告白した平均人数は3.2人ということがわかりました。

一方、恋人がおらず今まで一度も異性と付き合ったことがない男性の平均告白回数は0.5人。「数打ちゃ当たる」といってはちょっと言葉が悪いですが、やはり告白回数に比例して恋人ができる可能性が高まるのは事実といえます。

特に恋人ができたことがない人は、2人のうち1人は「全く告白したことがない」というデータになっていますから、恋人ができないのも必然と言えば必然ですね。

「男は待っているだけでは恋人ができない」という裏付けになっています。

ネットでの出会いは可能か?

消極的な男性にとって、ネットでの出会いは魅力的です。近年はネットやSNSを通じての異性間やり取りも増えてきています。「ここなら出会いの場がありそう」と思う人もいるでしょう。

しかしどうしてもネットやSNSでの出会いは過去のトラブルなどがあり、ネガティブな印象が残っているのも事実。それゆえ仮にネット上で異性と知り合っても、会うまでには至らないというケースももちろんあります。

例えばすぐに連絡先を聞いたり、会うことを強要するような対応は相手の女性に対し、不安感を煽ってしまいます。しかし、ゆっくりと時間をかけて日々連絡を取り合っていれば、次第に女性の気持ちも警戒心が解け、会っても良いかなという気持ちが出てきます。

昔と違い、ネットはオープンな環境になってきて様々な人が利用していますから、女性にとって「危ない人ばかりが利用しているわけではない」という認識を持っています。
ガツガツしないでじっくりと心の距離を縮めていきましょう!

警戒心が解ければ会う人も多い?

そして2つ目に紹介する情報は、「女性が男性とネット上で知り合って実際に会っている人の割合」です。

まず東京大学と日本電信電話株式会社NTTセキュアプラットフォーム研究所が共同で研究したインターネット上の交流に関するデータを紹介しましょう。その研究では女性を対象にネットでの異性間交流に関する調査が発表されています。

調査した内容は簡単に言えば、「ネット上で異性と知り合った人の割合」、そして「実際に会った人の割合」を示すものです。

データでは下記のようになっています。

ネット上で知り合った経験がある割合

  • 高校生:58.1%
  • 短大専門生:56.0%
  • 大学大学院生:41.9%
  • 非正規社員:48.6%
  • 正規社員:43.3%
  • 無職:53.7%

上記のように、もはやネットで異性と知り合うことは世代によっては、「半分以上の割合で経験済み」ということが明らかになっています。

ネット上で知り合い実際に会った割合

  • 高校生:23.4%
  • 短大専門生:25.5%
  • 大学の大学院生:14.1%
  • 非正規社員:28.2%
  • 正規社員:26.4%
  • 無職:29.5%

ネット上で知り合って実際に会う割合となると、やはり減りますがそれでも4人に1人ぐらいの割合で実際に会ったと回答しています。ただネットで異性交流している女性に限定すると、だいたい2人に1人が実際に会っている状況。

このデータからもネットで異性と会うこと自体に抵抗感を示さない女性が増えてきていると言えます。

出会いを求めるには、とにかく確率を上げること!

ここまで「恋人ができる人の告白人数」と「ネットで異性と出会った割合」を紹介してきました。
あくまでも確率なので、「たくさん告白しているのに恋人ができない」という人もいれば、「ネットで異性と交流しているのに全く会うことができない」という人もいるでしょう。

ただ結局は確率を高めるためには、とにかく実行すること!

「テストで良い点を取るためには勉強する」

「宝くじで大金を当てるために買う」

全ての物事は確率を高めるために「行動を起こすことが必要不可欠」というわけです。もし恋人がなかなかできなくて困っている人は、「身近に気になる人がいたら思い切って告白してみる!」、「ネットで気になる異性がいたら誘ってみる」など行動を起こすことが必要です。

その裏返しとして「断られたり、フラれたらどうしよう」という気持ちが働く人が多いですが、100発100中の人なんていませんからね。そう考えると、むしろダメもとぐらいな気持ちで望んだ方が良いでしょう。

以上、男性が恋人を作るときに知っておきたい2つの情報をご紹介しました。恋人ができる人はたくさん告白していること、ネットで男性に会う事に対し抵抗感がない女性もたくさんいる、という2つのことを中心に紹介しました。ネットで出会いを探し、段階を経て実際に会うことを提案してみてはいかがでしょうか。

意外と安全に出会いやすい?Facebookの出会い系アプリ

スマホの普及により”出会い”の形も徐々に変化してきています。

スマホでの出会い系アプリや、LINEやカカオトーク、FacebookなどのSNSと出会い系アプリを連動させて使用し、出会いを求める人々が急増中。

特にFacebookは実名登録が原則ですので、偽名やサクラ、悪徳業者が少ないため、安心して出会うことができると評判です。

様々な出会い系アプリが登場する中、やはりアプリの善し悪しがあるのも事実。

悪いものにはやはり、まともに出会えない、サクラや悪徳業者に騙されたなどの被害が出ることも。

ですので、これから利用してみようかな?と思っている方も、既に利用している方も、しっかり知識をつけて利用しないと痛い目に合いかねません。

Facebookの出会い系アプリとは?

Facebookの利用者は全世界で10億人、日本国内でも2400万人が利用している大手インターネットサービス。実名登録を原則としているため、友人同士やコミュニケーションのみならず、ビジネスなどでも使用されている大手SNSです。

Facebookの出会い系アプリは、Facebookに登録してあるプロフィールなどの情報をアプリと連動させることでそのまま使用することができるため、偽名などの心配も少なく、ちょっとした異性との出会いから婚活まで様々な用途に合わせて使用可能。

アプリは人気なものほど有料なものや年齢認証などが必要なものが多いですが、そういったシステムであるが故に、悪徳業者などが入り込みにくく、無料なものよりも安心して使用することができるという大きなメリットもあります。

用途に合わせて自分に合ったアプリを選ぼう!

Facebookの出会い系アプリは、評価が高いものほど有料なものが多く、そのアプリのサービス内容や料金設定もそれぞれ。自分がどういった目的で使用するかを明確にし、それに合わせたアプリを選んで使用しないと、自分が求める出会いができないことになってしまうことも…。

使用しているユーザーの年齢層や、軽く遊びたい人から、真面目に婚活したい!という目的の人まで様々。また、アプリによって登録条件が違いますので、作ってすぐ使用できるものから、フェイスブック上で友人が10人以上いないと登録できないものあります。

料金もアプリによって違いもあり、料金が高いとその分使える機能が豊富でツール面での充実はあるかもしれません。ですが、自分に合っているものでないとあまり使っていて良いとは言えませんよね?

そのため、事前にアプリについてある程度下調べをして、自分に合っているかどうかを見極めることも非常に大切と言えるでしょう。

どんなに安全性が高くても存在するサクラ

どんなに優良なアプリでも悪徳業者のサクラがいないものは存在しないでしょう。有料で登録条件が厳しいから安心!などと思って油断はできません。

アイドルみたいに可愛い女の子からいきなり連絡がきた!嬉しい半面やはり疑ってしまうのが人間です。怪しいと思ってFacebookのプロフィールをよく見ていると、すごくアクティブなのに友達が極端に少ない…。

サクラではなく本当にそういう人もいるかもしれませんが、そんな人は極に希です。実際やり取りするようになっても、出会い系アプリ上でやり取りするのではなく、LINEや別のアプリでやり取りしたいというような人も疑ってかかったほうが良いかもしれません。

「あなたは特別だから」

など、男はそういう言葉や情に弱いので、徐々に入り込まれ、気がついたら変なサイトに誘導されていた、なんてことにもなりかねません。

安全なアプリだからといって油断せず、相手の情報におかしな点や矛盾などがないか自分の目で確かめることが重要です。

まとめ

Facebookの出会い系アプリは従来の出会い系サイトや、LINEやカカオトークなどのSNSに比べると安全性は高く、利用人口も多い。そのため自分に合った出会いをしやすい反面、有料サイトが多く、実際利用するまでに年齢認証など、ちょっと面倒な登録条件をクリアしないと利用できないというデメリットも。

どういうアプリでも、悪徳業者の誘導サクラや個人情報を収集するサクラなどが少なからず存在します。安全だからといって油断せず、Facebook特有の詳しく作り込めるプロフィールを利用して、サクラなどに引っかからないようにすることも、素敵な出会いをする秘訣かもしれませんね。

勝負はメールで決まる!彼女と会うためのメールの書き方

つまらないメールを彼女に送っていませんか?

出会い系サイトでメールを交わし合う女性が見つかって、「さあ!次は会う約束を取り付けるぞ!」と意気込んでみたものの、メールから先に進まずになんとなく彼女との距離があいてしまった、なんてことはありませんか?

もし、メールから先に進まないお付き合いが続いているのであれば、それはあなたのメールの仕方がいけないのかもしれません。出会い系サイトは男女の知り合うきっかけを広めて、理想のパートナーを探すためのものであって、あなただってメル友を求めに出会い系サイトを利用しているのではないはずです。

ちょっといいなと思える女性が見つかったら、タイミングをとらえてデートに誘い、恋愛に発展させていかなければ意味がありません。

彼女をデートに誘いだすことを成功させる秘訣は、日頃のメールの作り方にあるんです。

女心をくすぐるメールのポイント

「この人に会ってみたいな」という女心をくすぐるメールを作るポイントは、相手に「ドキドキしたい!」と思わせる内容のメールを作ることです。

良く出会い系サイトを利用する男性が、「毎日仕事ばかりでつまらない」「出会いがなくて淋しい」なんてメールをしてしまいがちですが、実はこういった「俺、弱ってるんだぜ!」アピールは失敗のもと。

出会い系に登録をする女性は、弱っている男性と会いたいわけではないんです。そんな疲れた男は、自分の周りにもたくさんいますからね。

彼女たちが求めものは、普段の生活では味わえない新しい刺激であって、日常の生活では出会えない、自分にドキドキするような興奮を与えてくれる男性です。

まずメールであなたが体験したドキドキ・ワクワクを彼女に伝え、「この人と一緒にドキドキしたい!」という彼女の気持ちを盛り上げていきましょう。

女心をくすぐるメールの書き方は、簡単です。最近自分がドキドキ・ワクワクとしたことを、メール文にしていけばいいだけです。

こう書くと、「彼女の気を引こう」なんて考えて、例えば、行ってもいないハワイ旅行をネタにして「〇〇のビーチはステキだぜ!」なんて大袈裟なメールをしてしまいがちですが、こういったリアルな体験に基づかないものは、何がステキなのか、何故そう思ったのかが知らずにメールで抜け落ちてしまうので、相手の心を揺さぶることはできず、相手の警戒感をあおる結果になってしまいます。

彼女のドキドキをあおるためには、あなたが日頃の生活の中で、積極的にドキドキ・ワクワクすることを見つけること、そして、それを素直に相手に伝えていくことが大事です。
たとえば、

  • ○○で食べたラーメンが、めっちゃ濃厚でウマイ!
  • いつも近所で見かける猫が、初めて撫でさせてくれてチョー感動!
  • 昨日のテレビドラマは泣けた!

など、こんな日常的に味わえる体験でいいんです。

相手にも共有しやすい日常の喜びや感動を掘り起こして、素直に相手にメールで伝えることで、彼女に「なんにでもステキなことを発見できるこの人とだったら、一緒にいても楽しいかも!」という気持を持たせていきましょう。

きっと彼女から、「私もご一緒してみたいな」という色よいメールが来るはずですよ。

出会い系で知り合った女性と初デートを成功させる技

出会い系で知り合った女性と何度もメールのやり取りをして、いよいよ初デート。メールではうまくいくのに、実際に相手を前にすると緊張のためデートが失敗する可能性もあります。ではどうやって初デートを成功させるか、大切なポイントをご紹介しましょう。

その1:デート場所は女性に選んでもらう

出会い系サイトで知り合った女性とデートまでこぎつけるのは意外と少ないこと。メールでのやり取りは簡単でも、実際に会う段階に進むのはお互いに不安があって当たり前。そこで相手の女性に安心してもらうためには、デート場所を女性に選んでもらうことがポイント。

まったくお任せしてしまうのは、決断力がない男だと思われてしまうため、いくつかのデートコースやプランをまず用意して、その中から女性に選択してもらうのもよい方法ですね。出会い系サイトで知り合った人とは、実際に会うと思っていたイメージとは大違いという場合も良くあります。初デートは自分の魅力をわかってもらう大切なチャンス。女性の行きたいところ、やりたいことを優先して思いやりのある行動をとりましょう。

その2:話の聞き役になること

メールでは色々と話題も尽きないのに、実際に本人を目の前にすると会話が続かないことも。デートの雰囲気がつまらくなってしまうと二度目のチャンスも低くなってしまいますよね。そこで初デートで女性に気にいってもらうには、とにかく相手の話の聞き役になること。自分の自慢話を続けたり、仕事の話をしていては自分勝手な男と思われがちです。

初デートの時の会話の話題などはあらかじめ頭に入れておきましょう。また女性の趣味やプライベートに関する情報収集もあらかじめ行い、話題を広げる工夫も必要ですね。将来的に付き合うためにはコミュニケーション力が大切。女性はいつも自分の話に耳を傾けてくれる男性をとても信頼しやすい生き物です。初デートで失敗しないためには、自分よりも相手に会話をリードさせることがポイントです。

その3:女性をほめちぎる

出会い系で知り合った女性との初デート。どんな人なのか会うまでドキドキするのはお互いさま。たとえ期待した通りでなくても、女性に対するマナーとしてとにかくほめちぎることが男の役目。まずはファッション。女性は自分のセンスが異性に褒められるのはとてもうれしいこと。

自分が着たい洋服よりも、異性の目を意識したファッションを選ぶのが特徴です。そこで初デートで自分のおしゃれが評価されないのはとても残念なこと。初デートでのモチベーションを高めるためにも、女性をとにかく褒めちぎりましょう。「笑った笑顔が素敵」「スタイルがいい」など、女性がきゅんとなるような褒め言葉をしっかりお頭に入れておくといいですよ。

意中の女性との初デートまでに事前にしておくべき3つのチェック項目

明日はいよいよ待ちに待った意中の女の子との初デートです。毎日LINEやメールでやり取りをしてお互いのことはある程度分かったつもりでも、いざ実際に会うとなると少なからず緊張するものです。

そんな状態で果たして、明日のデートはうまくいくものでしょうか? 答えは、YesでもありNoでもあります。Yesにするには、それなりの事前準備が必要です。なんの準備もせずに望んだ場合、言うまでもなくそれは最悪のデートになってしまいます。

では、どんな準備が必要なのでしょうか?

チェック項目1:会話の内容を考えておく

バリバリの営業マンで話すのが得意中の得意という方はスルーしていただいて構いませんが、それ以外の方であればデート中の会話の内容はあらかじめ考えておいてください。それではいきますよ♪

まずは、今までLINEやメールなどでやり取りした内容を見返してみてください。その中で特に印象的だった内容を覚えておいて、明日のデートでその話題について掘り下げて聞いてください。そうすることで、「こんな細かいことまで覚えてくれてたんだ♡」と、女性に少なからず好印象を抱かせることができます。これには、既にLINEやメールで聞いた質問を明日のデートで再度聞いてしまったりなど、質問の内容が重複しないというメリットも存在します。ですので、面倒くさがらずに必ず見返してください。

次に、デート中には必ず無言になる時間があります。この時間があまりにも続きすぎると、女性に「つまらないデートだなー」というイメージを持たれてしまいます。それを避けるためにもあらかじめ質問リストを作成しておくのがベターです。

例えば好きな食べ物や嫌いな食べ物、出身地、好きな映画のジャンル、中高時代の部活、好きな音楽のジャンル、最近読んだ本、好きな色や嫌いな色、好きなお笑い芸人などなど。どんな些細な話題でも構いません。

明日のデートの主役はあなたではなく女性です。女性が話す時間が多ければ多い程、それは良いデートと言えるでしょう。張り切りすぎてあなたが話す時間の方が長いデートになるのは絶対にNGです。できる営業マンというのは、自分が話すよりもお客さんが話す時間の方が長く、そうすることでお客さんのニーズを引き出しているのです。デートも同様で、女性に色々話をしてもらい、女性の気分を良くさせてあげてください。間違ってもあなたが色々話しすぎないでくださいね。

チェック項目2:お店の予約をする

ランチまたはディナーのいずれにせよ、2人で食事をする機会があると思います。「行き当たりばったりのお店に入ればいいや〜」などといったデート初心者のような考えは絶対にNGです。お店は事前にリサーチをして、必ず予約をしてください。これが大人のマナーです。大人のデートです。

そして、デートの前にお店の場所くらいは把握して当日を迎えてください。もし時間があるのであれば、実際にお店の前まで行ってルートを確かめるくらいはした方が良いでしょう。

いざお店に向かおうという段階で、スマホを片手にあっちじゃないこっちじゃないと、慌てふためく姿を見せてしまっては、せっかくの予約も水の泡です。お店までスマートにエスコートしてあげるのがマナーです。

下見の段階で店内に入ったり食事まで済ませる必要はありません。最低限、場所さえ把握しておけばオッケーです。もちろん、食事をする場所以外にも、もし水族館や動物園、または映画館などに行く場合も同様で、最低でもその場所くらいは把握しておく必要があるでしょう。

チェック項目3:チケットの手配をする

デートの行き先が水族館や動物園だったとします。あなたは事前に施設の場所を把握していたおかげで、当日、スマートにエスコートできました。女性もそれには満足してくれ、「はぁ〜、良かった良かった」と、これで満足していませんか?

まだ事前にやるべきことがあるんです。もし前売りチケットを購入できる施設であれば、事前にゲットしておくのがベターでしょう。デート当日が週末の土日だった場合、人気のある施設だと園内や館内は激コミ必至です。

もっと言うと、チケットを買うためだけに30分並ぶことなども大いに考えられます。初デートでチケットを買うためだけに30分も並ぶなんて言語道断です。女性はオシャレのためにヒールを履いたりするので、男性よりも疲れやすいことを覚えておいてください。そんな中、30分も並んでは「良いデートだったな〜」という印象でデートを終わらせるのはよほど挽回しない限り無理です。

そううならないためにも、事前にチケットの手配は済ませておくべきなんです。主要な娯楽施設であれば、コンビニエンスストアやネットでチケットを手配することなんて容易にできる時代です。デート当日に30分も並ぶことを考えたら、事前にチケットを手配しておくことなんて簡単ですよね?

【まとめ】

いかがでしたか?

今回ご紹介した3つのチェック項目はどれも決して難しいものではありません。これをやったのとやらないのとでは、当日のデートの結果に雲泥の差が生じます。

デートを1回で終わらせず、2回目、3回目と続くようぜひ参考にしてみてください。もし気乗りしない女性とのデートでも、いつか訪れる本命女性とのデートのための練習だと思って実践してみてはいかがでしょうか?

出会い系初心者が押さえておくべき、5つのメールマナー

女性から連絡は来るのに、なかなか出会いに結び付かない……。

出会い系を利用している男性の中には、そんな悩みを持っている人も多いと思います。

「きっとあの女の子はサクラだったんだ!」

そう思って次の女性にどんどん乗り換えアタックするのは結構ですが、少し自分のアプローチの仕方を省みて、休憩をしてみるのも大切なことではないでしょうか。

実は、女性からコンタクトが来るのに出会いまで持っていけない男性の多くには、共通の要素があります。

それは、メールの内容にマナーが欠けてしまっていること。

そういう男性の多くは、女性がせっかく自分に興味を持ってくれているのに、メールの文面でそれを台無しにしてしまっているのです。

ここではそんな悩みを解決するため、女性へのメールで守るべき最低限の5つのルールをご紹介していきます。

ぜひ、出会い系でのメールアプローチに役立ててみてください。

1.長すぎるメールはNG

長文のメールは、それだけで相手に負荷を与えてしまうので注意が必要です。

メールで話すのが好きな女性は多いのですが、まだ好意を持っていない相手から長文メールをたくさんもらっても、嬉しいより「うざい」が勝るのは当たり前のこと。

メールは相手の分量に合わせて送るのが基本です。長文のメールは女の子から送ってくれるようになったあと、こちらからも返すようにしましょう。

信頼関係が築けるまでは、適度な長さで、相手のストレスにならないよう続けていくのが肝心です。

2.返事を催促しない

女性とコンタクトを取れると、舞い上がって密に連絡を取ろうとしてしまう男性が少なくありません。

長々しいメールと同じく、「なかなか返事が来ないからまた送っちゃった」「これ読んだら絶対返事してね」……こんな文面は、女性に圧迫感しか与えないので絶対にダメです。

女性は、自分がリラックスしてやり取りのできる相手に心を許しやすくなります。「返事をしなきゃ」と焦らせてしまうと、必ず「めんどくさい」に繋がってしまうので、返事の要求はしないようにしましょう。

女の子にとって「いつまでも話をしていたい相手」になるのは、簡単なことではありません。まず目指すべきなのは「いつでも気軽にメールを送れる相手」になることです。このことを忘れないようにしてください。

3.相手のプロフィールを押さえた内容を送る

マナーを守っているつもりでも意外とできていない人が多いのが、プロフィールを熟読しておくことです。

せっかく女の子がメールをくれたのに、すでに相手のプロフィールに書いてあることを質問したりすれば「自分のことをちゃんと見てくれていないな」と思われてしまいます。

また、女の子のプロフィールに「インドア派」と書いてあるのに執拗に海や山に誘うのはどうでしょうか。どう考えても、非効率的な行為ですよね。

出会い系では男性がこれを知らないうちにやってしまって、女性との間に温度差ができてしまうことが本当に多いのです。

これらは、相手のプロフィールをしっかり押さえてからメールの文面を考えれば避けられる事態です。

更に付け加えておくべきなのは、相手の女の子がプロフィールを更新したことにきちんと気付いてあげること。プロフィールの内容は最低限、相手が伝えておきたいと思っている大事なメッセージなのです。

複数の女の子と連絡を取っている間に誰が何を好きなのかあやふやになってしまうことが無いよう、プロフィールはマメに確認するようにしましょう。

4.ネガティブな内容は避ける

メールでは、相手の好きなものを否定したりするのはできるだけ避けましょう。

相手が「蕎麦が好き!」と言ったのに対し、「オレは絶対うどん派!蕎麦はほとんど食べない!」と言ってしまうと、会話はそこで終わってしまいます。

しかし、だからといってなんでも肯定するのもNG。嘘は後でばれてしまう危険もあるので、不用意に自分を偽らないよう気を付けなければいけません。

相手が蕎麦派であなたはうどん派なら、「蕎麦イイね!……だけど、オレはどっちかというとうどん派かな?(笑) 両方美味しいお店とか知ってる??」と返すのは悪くありませんよね。

相手と自分が違っても、こうしたワンクッションと配慮で会話はいくらでも続けることが出来ます。

また、ブラックすぎるジョークなども、女性には冗談に聞こえないこともあるので要注意です。

後で「ジョークだよ!」と言っても、今度はそれが本当なのかを疑われてしまいます。前もって発言には気を付けるのがいちばんです。

5.下心を絶対に匂わせない

女性とのメールでは、会いたい会いたいとせがむのは御法度。「チャラ男!」と思われてしまう言動を避けつつ、あくまでも自然にデートに持ちこまなければなりません。

相手の恋愛遍歴を聞くノリでこちらから女の子の性癖などを質問するのは、絶対にやめましょう。下ネタは、向こうから投げかけてきたとき以外は表に出さないのが無難です。

そして忘れてはならないのが、会うことが決まってからは特にメールの内容に気を付けること!!

油断して「家に行きたい」などと言ってしまうと、ドタキャンを喰らったりしてせっかくのチャンスがポシャる可能性大です。「仲良く食事できれば満足」という雰囲気にしておけば女の子も誘いに乗りやすくなるので、ガツガツしたアプローチは控えるようにしてください。

これらを守ることが、女の子とのメールでの最低限のマナーです。実際に相手と会えるかどうかは、この条件を満たしたあとの口説きにかかっています。

まずはこれらの事に充分気を付けて、女の子との信頼関係を築いていくようにしてくださいね。