可愛い子を彼女にするのはリスクが高い?男がおさえるポイント5つ

彼女にするなら絶対可愛い子!という条件がハズせない男子は多いです。実際に可愛い子を手に入れることは難しいことも多く、付き合ってからどうなるのかということまでは想像しにくいのが現実です。そこで可愛い子と付き合うと起こりうることを事前に紹介し、心の準備をしておくことをおすすめします。

1.浮気の心配と優越感で揺れ動く

一番の心配ごとといえば、浮気です。可愛い子は、いるだけで注目を集めてしまう存在。いつ自分よりもカッコイイ男が、彼女にアプローチしてもおかしくはない状態です。可愛い子と付き合うと、いつも浮気を心配しなければならないデメリットを実感するようになります。しかし彼女を疑いすぎるのも問題です。

付き合う男として求められることは、何事にも動じない精神力です。彼女は他の男より、自分を選んでくれたというのが何よりの証拠になります。心配もありますが、優越感を感じられる特徴もあります。可愛い子は必然とアプローチされる数も多いため、お断りをしなければならない人もいるのが現実です。そんな競争に勝って、可愛い子と付き合うことができたのですから、どんと構えていましょう。

2.他の男がみんな敵に見えてくる

彼女に声をかける男が、みんな敵に思えてしまうこともあります。可愛い子は男慣れしていることもあり、どんな男とも楽しく会話できるスキルを身に付けています。彼氏の立場からすると、いつ彼氏という立場を奪われるのかということが、心配になってしまいます。

そのうち、なんで彼女はあんなに楽しそうに話をするのか、他の男を好きになっているのか?というモヤモヤからイライラが募ってくることも。だからといって、彼女に八つ当たりをするような大人げない態度は、彼女から嫌われる原因になってしまいます。さらに彼女を独り占めしたいという感情がエスカレートして、ストーカーのような行動に出るのもNGです。彼女が「好き」だと言ってくれるのであれば、その言葉を信じて付き合うしかありません。

3.彼氏として求められるものが高い

可愛い彼女を持つと、まわりからどんな彼氏と付き合っているのかということは、話題になってしまうこともあります。彼女が目立つ存在であるゆえに、付き合っている自分に対して、第三者からアレコレ聞きたくないようなコトを耳にしてしまうリスクもあります。

最初はワクワクして付き合っていても、冷静になって考えると、自分は可愛い彼女とは不釣り合いな人間なのではないかというように、思い悩んでしまう場合もあるでしょう。自信がなさすぎると、彼女との関係にも影響します。また、可愛い彼女とのデートでは、会う時の服装やデートなど、気合いを入れるべきポイントもおさえておく必要があります。彼女のまわりには、声をかけてくる男がたくさんいます。彼氏という立場であるからこそ、他の男よりは上という意識でいないと彼氏の座が危うくなることも。彼女に幻滅されてしまうと、別れを切り出される可能性も否めません。

4.長続きさせるなら○男になれ

可愛い彼女の外見に惹かれてゾッコンに。しかし実際に付き合うとなると、外見よりも性格の部分が重要であることにも気が付きます。可愛い子は、性格に許せない点があったとしても、顔でカバーできる強みがあります。たとえば、わがままな女でも、ブサイクな女子のわがままと可愛い子のわがまま、どっちが許せると思いますか。男なら可愛い子のほうと、答える人が多いのではないでしょうか。そのため彼氏としては、どのような性格の子でも彼女の魅力だと思って受け止める寛大さも、求められます可愛い子と付き合うなら、可愛い子に振り回されて幸せを感じる、Mっ気のある男のほうが長続きしやすいと考えられます。

5.歴代彼氏数が多い彼女の注意点

彼女の中で理想の彼氏像ができあがっていることが多く、その基準を満たすことができないと、彼氏として見てもらえなくなるリスクもあります。これまでに多くの人と付き合っているため、男を見る目が厳しくなってしまうのは致し方ありません。場合によっては普通の女子が考えること以上のものを、求めてくることも。

まずは女が喜ぶことを考え、実行するのが基本です。喜ぶこととは、悩みの相談にのれる、おしゃべりを聞いてあげる、買い物に付き合う、愛していると言う、プレゼントを忘れないなどといったことです。おそらく歴代彼氏もやっていることだと思いますので、基本を制覇しつつ、自分にしかできないオリジナルなものを考えるとよいでしょう。可愛い彼女をゲットすると、ホッと安心できるのも束の間。まさにそこからが始まりです。常に彼女の理想とする彼氏になれているかどうかを考えましょう。

可愛い子を彼女にするのはリスクが高い?男がおさえるポイントまとめ

可愛い子と付き合うためには、精神力や忍耐力なども求められます。可愛い子との付き合いでは気を抜いて良いポイントとそうではないポイントもあります。決める時はしっかりと決め、彼女の心をつかみましょう。そうすれば、他の男の存在も気にならなくなります。

出会い系を利用する女性はどうやって男性を選んでいるか

出会い系を利用する女性は、どうやって男性を選んでいるか気になりませんか?

出会い系には住んでいる都道府県、出身地、血液型、身長や体重、趣味、目的など自己紹介ページに記入できる情報も沢山あります。また、出会い系ではプロフィール画像を設定することも出来ますし、サイトやアプリによっては複数の画像を掲載することも出来ます。

これらの情報の中で、女性は自分と合いそうかどうかを判断するのですが、女性はどの項目を重視していると思いますか?

女性が見るポイントは、女性によって異なりますが、今回は、男性を選ぶ際に見ているポイントをお話します。

1.プロフィール画像の有無

ネット上でのやり取りでも顔が見えないと不安な部分もあるので、私はプロフィール画像のある方しか関わっていません。プロフィール画像に写っているのがマスクや手、スマホを使って顔の一部を隠した写真であっても、何となく雰囲気はわかるので、顔が一部しか映っていないのは問題ないと思っています

2.プロフィール画像の種類

プロフィール画像があっても、画像の種類によっては返信したくないと思ったり、自分からメールを送らないでおこうと思ってしまいます。まず、特に若い男性に多いのですが、自撮りのキメ顔写真の方があまり良い印象を受けません。次に、ミドル世代に多いのですが、バスローブ姿でワイングラスを片手にしているような、どうやって撮ったのか不思議になるような写真です。こうした画像の場合は、画像があっても関わろうという気が失せてしまいます。

2.掲示板の投稿頻度と内容

出会い系によっては掲示板機能もあります。女性は利用無料でも、男性はメールを一通送るのにもポイントが必要になってしまうため、掲示板に書き込みをして女性からのメールを待つというのもポイント節約のための一つの方法でしょう。しかし、毎日のように同じ内容の書き込みをしている男性を見ると、「出会っても少し気に入らないだけで関わるのをやめたりするような人なのかな?」と思えてくるので、掲示板に同じ内容で頻繁に書き込みをしている男性は避けます。しかし、掲示板に何度も書き込みをしていても毎回違った内容でユーモラスに友達探しをしている旨を書いている男性を見ると、掲示板の書き込みの頻度が高くても悪印象は受けません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。私の場合は、男性の自己紹介ページに書かれている内容だけでなく、プロフィール画像の有無と画像の種類、掲示板への投稿頻度と内容も判断基準としています。女性からなかなか返信がもらえないと感じている男性のお役に立てたら幸いです。

女性が出会い系を利用するメリットを知ると成功率アップ!

mail_woman出会い系サイトを利用する男性でも、そのサイトのイメージは様々でしょう。中には出会い系サイトを利用する女性に対してネガティブなイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

ここでは、出会い系サイトを純粋に利用している女性もいる、そんな女性と出会う成功率を上げる方法を紹介しましょう。

女性は基本無料で男性を選別している

男性会員は出会い系サイト内で最初の方は無料ポイントがあるものの、お金が掛かってしまいますよね。それに対して女性は無料のケースが多いです。

そこで、女性は無料で男性との出会いの場、コミュニケーションの場が提供されることになります。少しの優越感もくすぐった感じがしますが、女性には魅力的なものです。「婚活までは考えてないけど…。」なんて女性も出会い系はハードルが低いものなんですね。真面目な女性は出会い系サイトでも男性を見る目はシビアと言えるでしょう。なので、ネガティブな考えで女性を見るのはNGです。

怯まずきっかけを簡単に作ってみる

女性だって出会いが無いから出会い系サイトに来ています。職場など普段の生活ではなかなかいい出会いもないから出会い系サイトを利用している女性も多いんですね。そこで、出会い系ならば男性の数が多いので、簡単に出会えるというメリットがあります。出会い系サイトの比率は男性の方が多いので、出会いを求める女性にはとても便利なんですね。

何より日常生活の中で恋愛をすることで、しがらみが邪魔をするものです。そういったしがらみがないのも女性にはいいポイントなんです。軽い気持ちでも、真面目でも、非日常を味わいたい女性をゲットできるチャンスが転がっているんだと思ってきっかけを作りましょう。結構簡単なものです。

内面重視の女性も多く存在する

例えば、見た目に自信のない方でも出会い系なら素敵な女性に会えるチャンスがあると言えます。合コンなどの席では短期勝負が要求されるものです。中身をアピールするにはあまりにも時間が短すぎます。

それは、男性だけの話ではありません。女性だって同じ事です。逆に派手に見られて変な男しか寄ってこないという女性だっているんです。出会い系では顔が見えない期間が長い分、内面を重視している女性が多いでしょう。内面をアピールする、時間をかけて恋愛をする女性が多いのです。外見に自信がなくても、女性はしっかり男性の中身を見てくれます。

どうしても女性が選択権を持っていると思われがちな出会い系サイトですが、真面目な恋愛をしたい女性も多いのです。遊び目的の女性が多い、冷やかしが多いと悩まないでくださいね。ちゃんと前向きな出会いを求めている女性にヒットすることもあるんです。いい出会いを逃さないように、しっかり女性を見極めましょう。

意外と安全に出会いやすい?Facebookの出会い系アプリ

スマホの普及により”出会い”の形も徐々に変化してきています。

スマホでの出会い系アプリや、LINEやカカオトーク、FacebookなどのSNSと出会い系アプリを連動させて使用し、出会いを求める人々が急増中。

特にFacebookは実名登録が原則ですので、偽名やサクラ、悪徳業者が少ないため、安心して出会うことができると評判です。

様々な出会い系アプリが登場する中、やはりアプリの善し悪しがあるのも事実。

悪いものにはやはり、まともに出会えない、サクラや悪徳業者に騙されたなどの被害が出ることも。

ですので、これから利用してみようかな?と思っている方も、既に利用している方も、しっかり知識をつけて利用しないと痛い目に合いかねません。

Facebookの出会い系アプリとは?

Facebookの利用者は全世界で10億人、日本国内でも2400万人が利用している大手インターネットサービス。実名登録を原則としているため、友人同士やコミュニケーションのみならず、ビジネスなどでも使用されている大手SNSです。

Facebookの出会い系アプリは、Facebookに登録してあるプロフィールなどの情報をアプリと連動させることでそのまま使用することができるため、偽名などの心配も少なく、ちょっとした異性との出会いから婚活まで様々な用途に合わせて使用可能。

アプリは人気なものほど有料なものや年齢認証などが必要なものが多いですが、そういったシステムであるが故に、悪徳業者などが入り込みにくく、無料なものよりも安心して使用することができるという大きなメリットもあります。

用途に合わせて自分に合ったアプリを選ぼう!

Facebookの出会い系アプリは、評価が高いものほど有料なものが多く、そのアプリのサービス内容や料金設定もそれぞれ。自分がどういった目的で使用するかを明確にし、それに合わせたアプリを選んで使用しないと、自分が求める出会いができないことになってしまうことも…。

使用しているユーザーの年齢層や、軽く遊びたい人から、真面目に婚活したい!という目的の人まで様々。また、アプリによって登録条件が違いますので、作ってすぐ使用できるものから、フェイスブック上で友人が10人以上いないと登録できないものあります。

料金もアプリによって違いもあり、料金が高いとその分使える機能が豊富でツール面での充実はあるかもしれません。ですが、自分に合っているものでないとあまり使っていて良いとは言えませんよね?

そのため、事前にアプリについてある程度下調べをして、自分に合っているかどうかを見極めることも非常に大切と言えるでしょう。

どんなに安全性が高くても存在するサクラ

どんなに優良なアプリでも悪徳業者のサクラがいないものは存在しないでしょう。有料で登録条件が厳しいから安心!などと思って油断はできません。

アイドルみたいに可愛い女の子からいきなり連絡がきた!嬉しい半面やはり疑ってしまうのが人間です。怪しいと思ってFacebookのプロフィールをよく見ていると、すごくアクティブなのに友達が極端に少ない…。

サクラではなく本当にそういう人もいるかもしれませんが、そんな人は極に希です。実際やり取りするようになっても、出会い系アプリ上でやり取りするのではなく、LINEや別のアプリでやり取りしたいというような人も疑ってかかったほうが良いかもしれません。

「あなたは特別だから」

など、男はそういう言葉や情に弱いので、徐々に入り込まれ、気がついたら変なサイトに誘導されていた、なんてことにもなりかねません。

安全なアプリだからといって油断せず、相手の情報におかしな点や矛盾などがないか自分の目で確かめることが重要です。

まとめ

Facebookの出会い系アプリは従来の出会い系サイトや、LINEやカカオトークなどのSNSに比べると安全性は高く、利用人口も多い。そのため自分に合った出会いをしやすい反面、有料サイトが多く、実際利用するまでに年齢認証など、ちょっと面倒な登録条件をクリアしないと利用できないというデメリットも。

どういうアプリでも、悪徳業者の誘導サクラや個人情報を収集するサクラなどが少なからず存在します。安全だからといって油断せず、Facebook特有の詳しく作り込めるプロフィールを利用して、サクラなどに引っかからないようにすることも、素敵な出会いをする秘訣かもしれませんね。

メールから始まる!出会いで成功する秘訣

mail出会い系サイトでは、ほとんどの場合が男性から女性へのアプローチメールから始まります。

「メールを送ったのに返事が来なかった」「メールのやり取りが続いただけで、結局音信不通になった」そんな経験はありませんか?

出会い系サイトにおける女性へのメールは、返事をもらうことが肝心で、出会えなかった男性の多くは「返事すらもらえなかった」経験が多いはずです。

今回はそんな方たちのために、失敗しないメールのやり取りの方法をお教えします。

レスポンスがあって初めて会話が始まる!

メールを送っても女性からの返事がなければ、何も始まりません。最初に送るメールで返事をもらえないようでは、出会うことはおろか会話すら始まっていないのです。

つまり返事をもらえるようなメールを最初に送信することが大事で、実際に女性と会って会話をするのと同じように最初のメールが肝心だということです。

最初から「すぐ会いましょう」と言うだけでは、女性は敬遠してしまいます。メールのやり取りだけで男性と会うことは、女性にとってはリスクもあり怖さもありますので安心してもらうことがまずは必要です。まずはお互いを知り合うことを女性は求めていますので、最初は自分の自己紹介と自己アピールから始めるのが良いでしょう。

自分のプロフィールを充実させておくことも重要です。興味をもってくれた女性が見てくれるものなので、手抜きをせずに作成しておきましょう。

また、女性に対してどんな容姿かを直球で尋ねる内容はわりと敬遠されます。「芸能人に例えると誰に似てる?」というたぐいの質問も非常に答えにくく、スルーされてしまう可能性があります。

女性に対して質問ばかりを繰り返して質問攻めにするのもNGです。自分のことを知ってもらう内容でやり取りすれば、自然と相手も少しづつ教えてくれるので焦って直球で聞かないようにしましょう。

返事が早い女性とはすぐ会える?

メールですぐに会いましょうと誘って、すぐに会ってくれる女性はそういません。実は、女性は男性のようにいますぐ会いたいという願望は少ないように思います。

まずはお互いを知り合うという意味で、メールのやり取りが続くとは思いますが中にはレスポンスのいい女性もいます。返事が早いのでメールでの会話を続ければ会えるかというと、やり取りが続いただけで結局会えずに終わってしまうということもあるので注意が必要です。

いくらメールの返信が早くても、こちらのメールに対して一言だけの返信が続く場合や、女性側からの質問だけが続くような内容の場合は会える確率がぐっと減るので切り分けることも大切です。

時間や曜日などのタイミングも流れに左右されます。相手が仕事中であったり、睡眠中と思われる真夜中のメールの場合は返事がすぐに来ることはありませんので気長に待つことになります。少し遅れてでも返事をくれる女性の場合は、会話の続く可能性は高いです。

感覚的には、返信の早い女性よりも多少時差のある女性のほうが出会える確率は高いように思います。実際、忘れたころにメールの返事がきた女性と出会えたという例もあります。会話が続く中で自分のことをアピールしつつ、実際会える出会いを求めていることをやんわりと出してみて、相手の反応を伺ってみるのも一つの手です。

会話の続くメール術!

「いつ会えますか」「今日すぐ会いましょう」見知らぬ人からこんなメールをもらった場合、あなたならすぐ会おうと思いますか?

女性は特に、知らない男性と会うことに抵抗のある人が多いようです。そんな抵抗を解きほぐすためにも、まずは返事をもらって会話を続けることが大事です。

メールで返事をもらうためのコツはとても簡単です。相手が投げやすいように会話のキャッチボールを上手くコントロールしてあげることです。

相手にむかって会話を投げかける

「自分は○○です」だけの内容だと、相手も返事のしようがありません。「自分は○○ですけど、あなたはどうですか」という流れの会話を組み立てることが大事です。

返事を予測して、プラスα要素を盛り込む

例えば「ドライブは好きですか?」というメールの内容だと、予測される返答は「はい」「いいえ」「そうですね」などの短文の可能性があります。そこでこう付け加えます。

「ドライブは好きですか?おススメのスポットがあったら教えてください」このメールの返事は「はい」「いいえ」だけだと成り立たない上に、メールの返事から更に会話を広げることができますね。

会える?会えない?どうやって切り分ける?

出会い系のサイトでは残念ながら、メールをやりとりすることによってポイントを稼ぐだけの女性も存在します。いわゆるサクラであったり業者と呼ばれる類の女性たちです。メールで返事をもうらうのと同時に、相手の女性に会う意思があるのかどうかを見極めるポイントが一番難しいところなのではないでしょうか。

最初の一歩である、相手からの返事メールをもらったあとはやんわりと自分が会うことを求めていることをアピールしましょう。もっとお話しをたいので、もしよければ一度会ってみませんか?という希望をやわらかく伝えるのがベストです。

そこで「メールだけならいいけど、会うのはちょっと…」という女性と「仲良くなれば会ってもいい」という女性が切り分けられます。趣味や会話の流れで「会ってもいいかな?」と少しでも思ってもらえるようにできれば、成功と言えるでしょう。

プロフィールには写メを載せることをオススメします

最近の出会い系では男であっても写メを載せるのが当たり前!のような風潮がでてきましたね。まあここまでスマホが普及すれば、だれだって1分もあれば自撮りがとれますし、女性にしろ男性にしろ会う前にどんな人なのか、容姿を見てみたいと思うのは当然の気持ちです。

しかし、自分の容姿に自信のある人であればなんの抵抗もないかもしれませんが、自信のない人にとってはなかなかアップロードしづらいですよね。

「自分はブサイクだし、こんな写真のせたら誰からもメールがこなくなるんじゃ……」

という不安を抱えてしまうのも無理はありません。といいますか、事実わたしがそうでした。自己評価なので少し甘めかもしれませんが、自分の容姿は中の下くらいかな……?と思っています。下の上かもしれませんが(笑)

まあ、一般的にブサイクの部類に入るのは間違いありません。でも、そんなぼくでもメールはたくさんもらえますし、おいしい思いだって何度もしています。

出会い系において容姿は重要なファクターではあるものの、それが全てではない!と声を大にしていいたいですね。

もちろんブサイクとイケメンならイケメンのほうが人気は出るし会いやすいのはまず間違いないでしょう。でもみんながみんなイケメンというわけではないのです。それに、女性の好みというのは男性から見た女性よりも幅広く、たまに「えっ、なんでお前みたいなブサイクが超美人と腕組んでるの……?!」と思うケースに遭遇したりしますよね。キャバ嬢の店外デートかもしれませんが、分不相応な美人な彼女をもつブサイクがいるのもまた事実。

つまり、ブサイクであるということは出会い系において必ずしもマイナスではないのです。むしろ、マイナスかプラスかでいえば、写メを載せていれば必ずプラスになります!それだけ、相手の顔を見て安心したいという女性が多いのです。

好まれる自撮り写メとは?

ただ、自撮り写メにも撮り方というものがあります。まるで証明写真かのように、真正面から真顔でとった写メというのはあまり評判はよくないことでしょう(笑)一番いいのは、誰かにとってもらった写真ですね。友達同士で遊んでいて自然な笑顔の写真なんかはベストといえるでしょう。また、趣味があるのならそれをしている最中の写真なんてのもいいですね。

釣りが趣味な人であればいかにも釣りっぽい帽子を被って笑顔の写真などは、もはやイケメンもブサイクも関係なく、ほとんどの女性において好感を得てもらえることでしょう。

でも、そんな都合のいい写真が手元にあるとも限りませんので、そういう場合は新たに自撮りするしかないというケースもままあります。そんなときは、どう撮るのがいいのでしょうか?

最近の携帯ではインカメラという、タッチパネルのすぐ真上にカメラがついているものもあります。それを使えば、どう写るのかを確認しながら写メが取れるため、それを活用するのもいいでしょう。

個人的にオススメなのは、鏡に写った自分を撮るというものですね。広く使われている手法ですし、直接自分を撮るよりも鏡を介することでどこか自然な写りになりやすいというメリットも有ります。

また、その際に自分の口元あたりをスマホで隠したりするのも有効なテクニックですね。バカ正直に顔のすべてを載せるのは恥ずかしいし、もし知り合いに見られたら困る……という理由にもなりますので、不自然に思われることはありません。

マスクを付けて取る人もいますが、個人的にはあまりオススメできません。なにしろマスクをつけている=ブサイクである、のような印象が広まってしまっていますからね。顔のパーツに自信がないから、臭いものに蓋をしているんだろう?というようなとらわれ方をしてしまうことも。

事実、最近の調査ではマスクありよりもマスクなし写真のほうが魅力的に写る、という結果になったようです。

白いマスク、魅力も隠す? 「病気」「不健康」の印象

北大・河原特任准教授ら調査

白いマスクを付けると、顔の魅力が下がる―。そんな調査結果を、北大大学院文学研究科の河原純一郎特任准教授(46)=認知心理学=らがまとめた。マスクなしとありの顔写真を別人に見せ、印象度を点数化して比較した。マスクをめぐっては近年、風邪の予防や花粉症対策といった本来の用途ではなく、化粧いらずの「だてマスク」が若い女性を中心に人気となっている。今回の結果は、そんな流行に一石を投じるかもしれない。

中京大心理学部の宮崎由樹助教(32)=同=との共同研究。「マスクと顔の魅力の関係を科学的に検証したい」として、注意や記憶など人の認識を研究している河原特任准教授らが、2013年から調査を始めた。1月に論文にまとめ、日本心理学会の国際誌で近日中に発表する予定という。

調査法は、20~30歳の女性66人の顔写真を1枚ずつ用意し、半数はマスクなしのまま、残りを白いマスク姿に加工。これらを男女29人に見せ、どれだけ見た目が魅力的か、最高100点から最低1点までで評価してもらった。男性66人の顔写真についても同様の手法で、別の男女26人に回答してもらった。

マスクの有無の調査では、女性の顔写真の平均点が、なし49・1点、あり44・7点となった。男性はなし41・7点、あり39・0点で、男女ともにマスクなしの方が高い評価だった。

「だてマスク」若い女性に人気

もともと魅力が高いと認識されている顔写真のみで平均点を比べると、女性はマスクなし65・4点、あり56・5点。男性がなし56・5点、あり51・6点で、全体平均以上にマスクの有無で大きな差が出た。

河原特任准教授は「顔を隠すことで見た目に影響が出るだけでなく、『病気』『不健康』といった白いマスクの一般的な印象が魅力の低下を招いた」と分析。マスクは顔の情報量を減らすため、美しい肌や唇など本来持っている魅力的な特徴が多いほど、好感度を下げるほか、白いマスクの負のイメージが魅力をさらに減退させるという。

これは出会い系においても同じこと……というよりも、写真でしか相手の容姿を知ることが出来ず、その写真がすべてになってしまう出会い系においてマイナスイメージがついてしまうのは致命的ですからね。

自分で取るときはマスクをつけないこと、そしてマスクをつけている女性が美人にみえたとしても冷静になること、が必要かもしれません(笑)

一度は試してみたい。出会い系サイトで成功率を高める人とは違う方法

最近は特にスマホの影響から、出会い系サイトを気軽に利用している女性が増えました。

しかし、そんな多くの女性が登録しているハズなのに、会う事も出来ずに時間やお金ばかりが失われていく人が多いのも事実です。なかなか会う事ができない人がいるということは、間違った出会い系サイトの利用方法を多くの男性がしているということ。

間違った方法を利用しているライバルがいるからこそ、人とは違う方法を試してみるのが一番です。

新規登録者を狙う

出会い系サイトを利用している女性には、男性からは想像もつかないほど大量のメールが来ています。

そんな大量のメールの中から、ライバルに打ち勝つ人なんてのはほんの一握り。

しかし、それにはある程度の時間とお金がかかります。

どうせ会うなら要領よく確実に出会うのが一番!

それならば最初からライバルの少ない『新規登録した女性』を狙ってみましょう。『新規登録した女性』の多くが、今ちょっと寂しい・今すぐ誰かと話したいなどの理由で登録しています。だからこそ、女性の気持ちが高ぶっている時こそが一番の狙い目なのです。

誠実な男性を演出

女性が出会い系サイトを利用する事が嫌になってくる一番の理由が『体の関係目的』の人が多い事。

もちろんどんな男性でも最終的には……なんですが。

女性の場合は違います。そういった身体目的ではない、誠実な男性と知り合いたいのです。しかし、メールの最初から全面的にそういったオーラを出してくる男性が非常に多いのが出会い系サイト。

いくら会いたいと思っている女性が沢山いても、出会い系サイト自体を辞めてしまう場合も。そういった中で、誠実な男性というのは特に目立ちます。まずは選んでもらうきっかけとして、誠実な印象を残しましょう。

これだけでも会う確率が増えてくるのです。

夜の時間帯は避ける

真面目な出会いを求めている女性にとって、夜の時間帯は非常に警戒されます。

もし貴方が夜にしか都合がつかない場合でも、まずは昼の時間帯を提案してみましょう。女性は特にランチが好きなので、気軽にできるランチでのお誘いは特に会う確率が上がります。

それにランチは女性にとっては、聞き慣れた言葉でもあるので、この言葉ひとつで『この人は身体目当てではない』と女性は安心します。

もし夜にどうしても会いたい人は、まずはお昼のお誘い。その後に仕事の都合などの理由で、夜の時間帯に変更してみましょう。

この時にフォローや安心させる言葉を忘れずに。

複数の女性を同時に狙うことで恋愛の成功率は格段に上がる

恋愛に一途な男はその昔から美談的に語られてきました。彼女にまっすぐに想いを伝え、フラれても潔い。しかしこれはメディアと女性が作り出した幻想に過ぎないんです。

恋愛で本当に成功している男は決してこんなに一途でもなければ1人の女の子を数年間も愛し続けたりしません。そういうヒマがあれば、違うことに情熱を注ぐんです。モテ男のマインドと行動をのぞいてみましょう。

一途な恋愛は破綻する

恋愛に一途な場合、何が起きるか。1人にフラれた後に行く場所のない思いを抱え、人生が停滞してしまいます。最も大切なものを失ってこの先何を目標に生きていけばいいのか、さえ分からなくなることもありますよね。

それを避けることを、モテる男は心得ています。つまり常に複数を狙うということです。複数を狙うということは、1人に対する思いが弱まります。単純な割り算です。思いの総量÷狙う人数=思いの強さ。これを使うんです。

人というのは思いが強すぎると行動力が減退します。ミスしたくないから、動かなくなるんです。カワイイコを狙うのであればなおさら、力んでしまう→ラインに力みが出る→女の子はそれを感じ取る→既読無視→自己嫌悪 の悪循環です。例えデートにありついてもこういうマインドであれば重苦しくて楽しめないんです。

複数狙いは男性の恋愛における原理原則

「男性の」としました。複数狙いは男性の恋愛については必須事項です。男は脳の構造上一度に一つのことしか考えられないようにできています。何かと力が入りがちです。仕事ならそれでいいかもしれません。頑張るのが美徳だからです。でも恋愛はそうはいきません。

例えば二人に同時にデートのお誘いをラインするとします。この場合、一方から返ってこなくてももう一方から返ってくれば心はラクです。例え両方から返ってこないとしても、1人に対する気持ちの重さは半分なので、それぞれに対する行動力は保たれるんです。

つまり、無視されてももう一度メールをすることができる。失敗への恐れも半分だからです。このように思い切って行動することが、女性側から見ても好印象を与えます。ちなみに女性が男に対して「一途でいてほしい」と思っているかというとそれはウソです。本音では重い男はNGですよ。重さを徹底的に排除するのが恋愛攻略のコツ。でも本能的に重くなってしまうのが男ですから、複数狙いで分散するわけです。

カワイイコを狙うなら5人くらいを同時に狙う

特にカワイイコ(ハードルが高いと感じるコ)を狙う場合はとかく重くなりがちなので、2人ではなく5人同時に連絡をとります。繰り返しますが、恋愛における一番の天敵は失敗を恐れる心です。例え本命と違うコとうまくいったとしてもそれを足がかりに次のカワイイコを狙えばいいんです。次はすでにキープできているのでもっとハードルが下がります。こうして点と線の恋愛を面に変える、面で攻める恋愛なんです。

いかがでしたか? 複数狙いは実は恋愛にとどまることではなく、就職活動でも当たり前ですよね。数十社に面接を受けるけど、常に「本命です」とうそぶく。恋愛にもこのマインドで臨むことで幸せな未来が開けるんです。

恋愛は何月に始めるのがベストなのか?~季節と恋愛の関係~

couple_christmas_date恋愛とはなぜか、寒くなる10月、11月に盛り上がるもの。しかし、それとは裏腹に失敗する確率もウナギノボリなんです。

なんででしょう。今日は、季節と恋愛の関係について、一考してみましょう。ベストなシーズンなどもあるのでしょうか。

秋は恋愛が盛り上がりやすい

気候がよくなり、出かけたり、飲み会が増えたりと、秋は何かとイベントが多いですよね。何より9月末のシルバーウィークをはじめとする連休が充実しています。こうすると、デートなどの約束を取り付けやすく、チャンスが多い気がします。最近では10月末にハロウィンなどもあり、集まる機会も多いですよね。実際にクラブなどのイベントも、秋ごろビックアーティストが来日したりして、夏フェスではなく、秋フェスな感覚です。年末に向かい自然と気持ちが高揚するようですよね。

なぜか失敗しやすい

それだけに秋に始まった恋愛は一過性のお熱に過ぎず、結局うまくいかないケースが多いです。第一、自分だけが気持ちが盛り上がっているわけではないんですね。男はみんな盛り上がる。つまり競争率が高い。カワイイコほどなおさらお誘いも多く、今週はあなたと会ったけれど、次の週はパーティーで出会ったほかの男とデートしていたりするんです。それをあなたの目線で見ると、前回のデートの後ラインの返信があまりない。反応がよくない。何かまずいことでもしたかな、という風に映ります。実際はそんなことはないのですが、競争率の高い季節特有の現象です。意味分からず音信普通。

そのほかにも精神的に高揚することが、恋愛にあたえるデメリットは計り知れません。男はただでさえ、口説いて付き合うまでがテンションマックスです。女の子は付き合う後にピークが来るのに比べるとかなり早いのが男性。さらに秋の高揚感が加われば、女の子は到底ついていくことができません。「なにがんばってんの(笑」てなるわけです。テンション高すぎて思わずメールで告白してしまった経験がある方、それはきっと10月あたりではないですか??

そうこうして、一人いいコをねらった挙句、11月末くらいに振られるわけです。それからどうします?年末までに新しい女の子を探しますか?

すると次の問題が立ちはだかります。女の子はクリスマスが近づくと、恋愛を控えます。もう一度いいます。クリスマスが近い11末くらいになると、女の子は新規で恋愛しません。なぜか? それ目当てになってしまいたくないからです。女の子は男ほど恋人がほしい、と飢えたりしません。いなきゃいないでいいんです。クリスマス前に新しい彼氏ができるって結構面倒くさい。だから、恋人がいない場合、クリスマスは仲のいい女の子と一緒にホームパーティーなんかやるんです。リア充、間に合っているんです。なので、秋に失敗した恋愛は、取り返しがつきません。年が明けるまでは、一人身の覚悟が必要なんです。

恋愛のベストシーズンは5月?

この秋冬の恋愛高騰期を考えますと、恋愛は5月ころからはじめるに限ります。まあ人によるとは思いますが、5月なんてけだるい季節。恋愛モードになりにくいし、どんどん暑くなるし、本当ならまったり暮らしたい。しかしです、秋の恋愛期に成功することから逆算すると、恋愛を始めるのは5月くらいでちょうどいい。夏は夏で、そもそも予定が立ちにくいというのもあります。つまり夏までにはある程度特別な仲(ラインを一日一度は交換する程度)になっておく。秋の入り口くらいには、クリスマスを意識されないように、告白しておく。9末がデッドラインかと思われます。そういう年間スケジュールで動きます。

万が一、秋に成就しても

仮に11月か12月に付き合い始めたとします。高揚感で付き合ったものの、年明けにはさめがちです。年末の高揚感は1月3日ころに急速にしぼみますよね。それと同時に、キラキラ輝いて見えた彼女が急に色あせて見えるんです。で2月に破局。結構ありがちです。ですので、付き合えても気持ちが長続きしない。これぞ秋恋愛トリックなんです。ゲレンデの女の子が2倍かわいく見えるのと似ています。高揚感に惑わされるんです。

いかがでしたか? 恋愛のベストシーズンを考察してみました。比較的落ち着いた気持ちでいられる時期に、恋愛の種をまくのが鉄則なようです。でももっと先まで見ると、秋にまいた種だって、翌年に実るかもしれないんです。結局は人間関係。たくさんの交流を深めることで、いい恋愛に結び付けましょうね。