初対面で女性から「アウト」だと思われてしまう男の行動3つ

職場の同僚や友人関係であれば、初対面であまり印象が良くなくても後々ポイントアップしていくということがあります。しかし出会い系の場合、初対面でコケてしまうと2度目はありません。

初対面で女性から「アウト」だと思われてしまう男の行動例を3つご紹介します。

1.自分の趣味嗜好をアピールする

実際に会うまでの間に相手がよほどあなたに興味が湧いていない限り、相手はあなたの趣味嗜好に興味がありません。初対面の女性に「自分の好きなもの」について熱烈に話をするのは控えましょう。

初対面の女性が求めているのは「わたしに興味を持ってくれること」です。「俺は~」という話をする暇があったら「君は~?」と相手の話を聞き出す姿勢に徹しましょう。

自分に興味を持ってくれる相手には誰でも好感を抱くものです。相手が聞き上手であったり、自分から話すのが苦手な女性である場合、その場ではニコニコして話を聞いてくれることもあります。

しかし心の中では「早く終わらないかな」と思われていることが多いのです。

2.個性的なファッションで出向く

「自分らしさをわかってもらおう」と個性的な服装で出向いてしまうのもアウト。

自分らしいのは結構ですが、圧倒的に出会いの間口を狭めてしまう行為です。たまたまドンピシャで趣味が同じのお相手なら良いでしょうが、そうでない場合は引かれてしまうのがオチ。

「とりあえずのOK」をもらうためには、清潔感のある綿シャツ・チノパンといった超無難な服装がベストです。「俺の個性」よりも「次に繋げる可能性」を優先しましょう。個性をアピールするのはもっと親しくなってからで遅くありませんからね。

3.他の女性の話をする

「好きなタイプの有名人」などを聞かれても「特別いないなぁ」くらいの返答をしておきましょう。個人の名前を出してしまうと、相手はその方のイメージをバッチリ浮かべてしまいます。「私とは違うタイプ……」などと思われた場合、相手は一気にやる気が落ちます。

ましてや「アイドルの◯◯が好き」「◯◯ちゃんのファン」などの発言は厳禁。

こちらにとっては「あくまで芸能人の話」であっても、女性は「比べられる」と思い引いてしまいます。

もちろん、「以前出会い系で会った女性の話」なども厳禁です。特に悪口のような内容になってしまうと最悪。「私のこともこんな風に他の人に話すのかしら……」と思われると、早々に立ち去ってしまうことが予想されます。

出会い系から実際に会うのが初めてじゃない場合、初めてだと嘘をつく必要はありませんが、もしその内容について聞かれても笑って濁しておきましょう。

うかつに話をして「デリカシーがない」と思われてしまうと2度目は見込めません。

口下手男、初デート会話術!彼女と距離を縮める会話の7つの流れ

せっかくお気に入りの彼女とデートの約束ができても、話題に困らないか心配に。そこで、初対面の彼女と、自然に打ち解けられる話の流れを、理由を交えながらご紹介します。もちろんリアルなデートでは流れどおりに行かないこともあると思います。しかし、まっさらな状態で本番を迎えるより、心にゆとりができますので参考にしてみて下さい。

1.自分の弱みや失敗談を話す

初対面では、どこかのタイミングで緊張をほぐすことが必要です。人は自慢話をする人より、失敗談をあっけらかんと話す人のほうに、好感を抱きやすいのが特徴です。そのため、ちょっとした失敗ネタを披露し、彼女にクスッと笑ってもらえるとよいでしょう。自己開示をすることで、話しやすい雰囲気を作ることができます。

日常のちょっとした失敗談をメモしておくだけで、話題豊富になることも。その他、スマホの面白い変換(不祥事→負傷痔、となりのトトロ→となりの戸取ろ)などもおすすめ。漫才師のように、日常から面白ネタがないか探しておきましょう。

2.食べ物の話で好みの違いを知る>

どんな食べ物が好き?という話題も、比較的話しやすいですよね。好き嫌いが似ているだけでも、親近感が湧きます。ここは単なる情報交換ではなく、デートの食事にも役立つネタ。彼女の嫌いな食べ物だけは、忘れずチェックしましょう。また自分の好き嫌いを話す時に、あれもこれも嫌い…という話になると、ネガティブな雰囲気になってしまいます。

彼女としては、いずれデートにお弁当を作りたいと考えていたとしたら、ちょっと困ってしまうかも。一緒に食事ができない人は、関係が発展しにくくなることもありますので、嫌いな食べ物の話はほどほどにしましょう。

3.血液型の話は盛り上がりやすい

「ところで血液型は何型?」「同じだね」「違うね~」という話題も、最初の段階では受け入れられやすい話題です。この時に両親の話や、兄弟の血液型にも話を広げることができます。「お兄さんいるの、同じだね」など兄弟の構成が似ているかどうかというのも、打ち解けやすいポイントに。また同じ血液型でも、必ずしも考え方が同じだとは限りません。A型は真面目って言われるけど、そうでもないよとか、O型は社交性があると言うけど、ボッチが好きだとか。意外性のあるところに、人間的な興味が湧くこともあります。

4.出身地や方言を教えてもらう

出身の話から、いろいろな話題も考えられます。どんなところに住んでいたのか、学校はどんなところだったのか。同じような世代でも、地域によって全然違うということもありますよね。「学校給食どんなの食べていた?」と聞くだけで、地方による違いも感じられるでしょう。また、関東と関西では話し方も全然異なりますよね。方言を教えてもらうのも、仲良くなる秘訣です。

5.仕事の話で日常をさぐる

ひととおり話して打ち解けやすい雰囲気ができたら、いよいよ今の彼女に迫る話題に切り替えていきましょう。ただし質問が多すぎるのも疲れてしまうため、適度に間を取りながら話をします。仕事をしている彼女なら、仕事の内容や出勤時間、アフター5についても聞いてみましょう。このことで相手のタイムスケジュールがわかります。つまり、メールを入れると返信をもらいやすい時間を把握することや、おやすみメールを送るタイミングがわかるメリットもあります。また彼女がどれくらい仕事熱心なのか、ゆくゆくは専業主婦願望があるのかなど、人生に対する考え方にも触れることができるでしょう。

6.友達の話で人間関係を知る

仕事だけではなくプライベートを知るなら、どんな友達がいるのかということもチェックしたいところ。学生時代からの友達、趣味仲間など交際範囲が広い人も。もしかすると今後、彼女の友達と会う機会が出てくることも予想されます。彼女が普段どんな人と仲良しなのかということを、知っておくと安心です。どの話題でも気をつけることは、相手に質問するだけではなく、自分の話も織り交ぜて会話をすすめることです。できれば自分から先に話をして、相手にも質問してみるという流れのほうが、相手が話しやすいこともあります。最初はお互いに遠慮しがち。そこで男が少しだけ会話のきっかけを作って、リードするとスムーズです。

7.恋愛の話で恋愛観をチェック

いきなり過去の恋愛について質問するのではなく、「好きな芸能人いる?」という質問のほうが、当たり障りない会話になります。たとえば彼女が「福山雅治かなあ」と言ったら、「なぜ好きなの?タイプ?」というように、その芸能人についての話題でまとめます。大切なのは、どんな異性を恋愛対象として見る傾向があるのかということ。カッコイイ芸能人を挙げたとしても、好きなポイントは顔だけではなく、性格や雰囲気ということも。なるほど、そういう人がタイプなんだ!ということを知ることで、恋愛に必要なものが見えてくるでしょう。好きな芸能人がいないという彼女には、どんな人が好み?とダイレクトに質問しても構いません。ただし、質問攻めでガツガツした印象を与えないようにしましょう。

口下手男、初デート会話術!彼女と距離を縮める会話の7つの流れまとめ

デート中の沈黙に慣れないと、何か話さなきゃと焦りがち。でも話題を見つけようとするほど、頭が真っ白になってしまうでしょう。沈黙になっても大丈夫と、心に決めておくと焦らずにすみます。彼女も初めてのデートなら、いろいろと頭がいっぱいになっているはず。そのため適度な沈黙があってもよいのです。頑張って下さい。

出会い系の女と初デート、2回目デートもOKをもらえるコツとは?

ネットを通じた出会いからの初デート。でも、相手もあなたに気があるかどうかは別。印象に残らない相手だと見なされてしまうと、他のヤツに彼女を取られてしまうかもしれません。どういった男とまたデートしたくなるのか、初デートで印象に残る男についてご紹介します。

出会い系でデートにありつけるならレベルは高め

出会い系サイトなら、複数の異性とバーチャルで会話。遊び目的ではなく、ホンキで出会いを求めている女は、気に入った男がいれば、自分から会おうと持ちかけてくることも。メールをしていて楽しいし、まんざらでもない場合は、会うのもアリ。

会いたいなんて、メールだけの社交辞令で終わることも多いですよね。実際にデートにありつけるということは、メールのやりとりを通じて、あなたの魅力が感じられた証拠。出会いの質にもよりますが、デートできる人は限られた人。出会い系サイトに登録している他のヤツよりも、レベルは高いということがいえます。ところが、ネット上ではレベルは高くても、実際のデートになってレベルダウンしてしまったら、意味がありません。そこで、初デートで女が気にするポイントを紹介。それぞれのポイントで合格点がもらえたら、1度限りのデートでサヨナラすることはありません。

初デート、女は男のレベルをチェックしている

初デートに応じる女は、初対面の男と自分の相性がよいかどうかをチェックしています。女によるレベルチェックは、会った瞬間から始まります。

まず生理的に無理だなと思う人は、デートを早々に切り上げようとするでしょう。恋愛に発展する可能性は薄いです。ただ、女の場合は男を傷つけないように振る舞おうとするため、「タイプではない」ということはあまり言いません。男からするとわかりにくいのですが、距離を置かれている、手をつなぎにくいなどの状況が感じられたら、注意が必要です。ただし相手の好き嫌いにいちいち合わせるのも無理な話。今回はハズレだったなくらいに受け止め、別の女を探すほうがよいです。

初デート:レベルチェック~服装編~

服装は人柄も表すもの。服装の好みは人によるため、あえてどんなスタイルがウケるかということは決めつけられません。ただし一般的に女は、きれいな服装であれば悪い印象は抱きません。レベルダウンしてしまうパターンとして、靴が汚い、袖がボロボロ、服が似合っていないということが挙げられます。第一印象では足もとの清潔感も大切です。初デートなら、どんな男と合うにしても気合いをいれた服で登場する女も、少なくありません。そのため、こちら側があまりにもカジュアルすぎたり、幼い印象を与えてしまったりすると、女と釣り合わなくなり、レベルダウンにつながります。

初デート:レベルチェック~雰囲気編~

人を好きになる時、その人の持っている雰囲気に惚れるということも考えられます。一緒にいたい雰囲気の人なら、必然的にモテるようになるのですね。ただし、雰囲気というのは一朝一夕に変えられるものではありません。そこで女が求める男を目指し、雰囲気を合わせていくようにするとベター。方法としては、会話から引き出していくことになります。会いたいという女は、どんな男が好みのタイプなのでしょう。大人系、オタク系、ギャル男系、天然系、肉食系、草食系などいろんな男に分けられると思います。大人系ならスマートな雰囲気、ギャル男系なら遊んでいる雰囲気、肉食系なら男っぽい雰囲気というように、それぞれのカラーがあります。できればこの手の質問は、会う前にすませておくとスムーズ。当日になってしまった場合は、会話の流れで聞きだしてみて下さい。

初デート:レベルチェック~エスコート編~

女にはお姫様願望があるということだけは、おさえておきましょう。正直ブサイクだと思える女でも、乙女心は美人と変わらないのですね。そのためデート中に女を気遣ってあげる発言をすると、レベルが高い男という印象に。デートにおける気遣いとは、レディーファースト。日本男児はレディーファーストが苦手な人も多いので、むしろそのような気遣いがデキル男はかなりポイントが高め。デートなら、彼女が食べたいモノを優先する、彼女が歩き疲れていないかを聞く、さりげなくジュースを買ってくるということ。要は使えるヤツになるのです。

初デート:レベルチェック~おみやげ編~

会う相手におみやげを買っておくとよい理由もお伝えします。出会い系の場合、ネットに接続すると、競合の異性がぞろぞろいるわけです。今日楽しんでくれた女が家に帰った後、別の男を検索しているということを知ったら、ちょっとショックですよね。実際には、習慣的なことから出会い系を閲覧しているのかもしれませんが、もしもそんな時、女の視界にあなたからもらった”プチみやげ”があれば、思い出してもらえることも。特に、2回目も会いたいと思う女なら、あらかじめおみやげを渡すことは効果的。おみやげは、お菓子系が喜ばれます。500円から1000円くらいが妥当。特に、小さなクマのぬいぐるみなど雑貨プラスキャンディーのようなものなら、「かわいい」と言って受け取ってくれる確率も大です。

2回目のデートができればそれ以降も期待

初デート後に女から「また会いたい」と言われたら、レベルチェック合格。2回目がOKならそれ以降の進展も早いでしょう。そのためにも、初デートで会った瞬間アタリだなと思ったら、レベルアップをしていけるよう頑張ってみて下さい。あなたは選ばれし男ですから、自信を持って下さい。

男性が恋人を作るときに知っておきたい2つのデータとは

ここでは男性が恋人を作るときに知っておきたい2つのデータを紹介します。

その2つのデータとは、「告白人数」と「ネットでの出会いの割合」。

最近は恋愛に対して消極的な男性も増えてきていますね。ただ恋人が出来る人の告白人数を知ると、考え方も変わってくるでしょう。

そしてネットでの出会いも恋人を作りたいと思っている男性には知っておきたいこと。

勇気が湧く2つのデータをご紹介しましょう!

恋人がいる男性はたくさん告白している?

まず1つ目の情報が告白人数。

恋愛や婚活の実態調査を行っているブライダル総研によると、恋人がいる男性がこれまでに告白した平均人数は3.2人ということがわかりました。

一方、恋人がおらず今まで一度も異性と付き合ったことがない男性の平均告白回数は0.5人。「数打ちゃ当たる」といってはちょっと言葉が悪いですが、やはり告白回数に比例して恋人ができる可能性が高まるのは事実といえます。

特に恋人ができたことがない人は、2人のうち1人は「全く告白したことがない」というデータになっていますから、恋人ができないのも必然と言えば必然ですね。

「男は待っているだけでは恋人ができない」という裏付けになっています。

ネットでの出会いは可能か?

消極的な男性にとって、ネットでの出会いは魅力的です。近年はネットやSNSを通じての異性間やり取りも増えてきています。「ここなら出会いの場がありそう」と思う人もいるでしょう。

しかしどうしてもネットやSNSでの出会いは過去のトラブルなどがあり、ネガティブな印象が残っているのも事実。それゆえ仮にネット上で異性と知り合っても、会うまでには至らないというケースももちろんあります。

例えばすぐに連絡先を聞いたり、会うことを強要するような対応は相手の女性に対し、不安感を煽ってしまいます。しかし、ゆっくりと時間をかけて日々連絡を取り合っていれば、次第に女性の気持ちも警戒心が解け、会っても良いかなという気持ちが出てきます。

昔と違い、ネットはオープンな環境になってきて様々な人が利用していますから、女性にとって「危ない人ばかりが利用しているわけではない」という認識を持っています。
ガツガツしないでじっくりと心の距離を縮めていきましょう!

警戒心が解ければ会う人も多い?

そして2つ目に紹介する情報は、「女性が男性とネット上で知り合って実際に会っている人の割合」です。

まず東京大学と日本電信電話株式会社NTTセキュアプラットフォーム研究所が共同で研究したインターネット上の交流に関するデータを紹介しましょう。その研究では女性を対象にネットでの異性間交流に関する調査が発表されています。

調査した内容は簡単に言えば、「ネット上で異性と知り合った人の割合」、そして「実際に会った人の割合」を示すものです。

データでは下記のようになっています。

ネット上で知り合った経験がある割合

  • 高校生:58.1%
  • 短大専門生:56.0%
  • 大学大学院生:41.9%
  • 非正規社員:48.6%
  • 正規社員:43.3%
  • 無職:53.7%

上記のように、もはやネットで異性と知り合うことは世代によっては、「半分以上の割合で経験済み」ということが明らかになっています。

ネット上で知り合い実際に会った割合

  • 高校生:23.4%
  • 短大専門生:25.5%
  • 大学の大学院生:14.1%
  • 非正規社員:28.2%
  • 正規社員:26.4%
  • 無職:29.5%

ネット上で知り合って実際に会う割合となると、やはり減りますがそれでも4人に1人ぐらいの割合で実際に会ったと回答しています。ただネットで異性交流している女性に限定すると、だいたい2人に1人が実際に会っている状況。

このデータからもネットで異性と会うこと自体に抵抗感を示さない女性が増えてきていると言えます。

出会いを求めるには、とにかく確率を上げること!

ここまで「恋人ができる人の告白人数」と「ネットで異性と出会った割合」を紹介してきました。
あくまでも確率なので、「たくさん告白しているのに恋人ができない」という人もいれば、「ネットで異性と交流しているのに全く会うことができない」という人もいるでしょう。

ただ結局は確率を高めるためには、とにかく実行すること!

「テストで良い点を取るためには勉強する」

「宝くじで大金を当てるために買う」

全ての物事は確率を高めるために「行動を起こすことが必要不可欠」というわけです。もし恋人がなかなかできなくて困っている人は、「身近に気になる人がいたら思い切って告白してみる!」、「ネットで気になる異性がいたら誘ってみる」など行動を起こすことが必要です。

その裏返しとして「断られたり、フラれたらどうしよう」という気持ちが働く人が多いですが、100発100中の人なんていませんからね。そう考えると、むしろダメもとぐらいな気持ちで望んだ方が良いでしょう。

以上、男性が恋人を作るときに知っておきたい2つの情報をご紹介しました。恋人ができる人はたくさん告白していること、ネットで男性に会う事に対し抵抗感がない女性もたくさんいる、という2つのことを中心に紹介しました。ネットで出会いを探し、段階を経て実際に会うことを提案してみてはいかがでしょうか。

出会い系で知り合った女性と初デートを成功させる技

couple_date_winter出会い系で知り合った女性と何度もメールのやり取りをして、いよいよ初デート。メールではうまくいくのに、実際に相手を前にすると緊張のためデートが失敗する可能性もあります。ではどうやって初デートを成功させるか、大切なポイントをご紹介しましょう。

その1:デート場所は女性に選んでもらう

出会い系サイトで知り合った女性とデートまでこぎつけるのは意外と少ないこと。メールでのやり取りは簡単でも、実際に会う段階に進むのはお互いに不安があって当たり前。そこで相手の女性に安心してもらうためには、デート場所を女性に選んでもらうことがポイント。

まったくお任せしてしまうのは、決断力がない男だと思われてしまうため、いくつかのデートコースやプランをまず用意して、その中から女性に選択してもらうのもよい方法ですね。出会い系サイトで知り合った人とは、実際に会うと思っていたイメージとは大違いという場合も良くあります。初デートは自分の魅力をわかってもらう大切なチャンス。女性の行きたいところ、やりたいことを優先して思いやりのある行動をとりましょう。

その2:話の聞き役になること

メールでは色々と話題も尽きないのに、実際に本人を目の前にすると会話が続かないことも。デートの雰囲気がつまらくなってしまうと二度目のチャンスも低くなってしまいますよね。そこで初デートで女性に気にいってもらうには、とにかく相手の話の聞き役になること。自分の自慢話を続けたり、仕事の話をしていては自分勝手な男と思われがちです。

初デートの時の会話の話題などはあらかじめ頭に入れておきましょう。また女性の趣味やプライベートに関する情報収集もあらかじめ行い、話題を広げる工夫も必要ですね。将来的に付き合うためにはコミュニケーション力が大切。女性はいつも自分の話に耳を傾けてくれる男性をとても信頼しやすい生き物です。初デートで失敗しないためには、自分よりも相手に会話をリードさせることがポイントです。

その3:女性をほめちぎる

出会い系で知り合った女性との初デート。どんな人なのか会うまでドキドキするのはお互いさま。たとえ期待した通りでなくても、女性に対するマナーとしてとにかくほめちぎることが男の役目。まずはファッション。女性は自分のセンスが異性に褒められるのはとてもうれしいこと。

自分が着たい洋服よりも、異性の目を意識したファッションを選ぶのが特徴です。そこで初デートで自分のおしゃれが評価されないのはとても残念なこと。初デートでのモチベーションを高めるためにも、女性をとにかく褒めちぎりましょう。「笑った笑顔が素敵」「スタイルがいい」など、女性がきゅんとなるような褒め言葉をしっかりお頭に入れておくといいですよ。

意中の女性との初デートまでに事前にしておくべき3つのチェック項目

明日はいよいよ待ちに待った意中の女の子との初デートです。毎日LINEやメールでやり取りをしてお互いのことはある程度分かったつもりでも、いざ実際に会うとなると少なからず緊張するものです。

そんな状態で果たして、明日のデートはうまくいくものでしょうか? 答えは、YesでもありNoでもあります。Yesにするには、それなりの事前準備が必要です。なんの準備もせずに望んだ場合、言うまでもなくそれは最悪のデートになってしまいます。

では、どんな準備が必要なのでしょうか?

チェック項目1:会話の内容を考えておく

バリバリの営業マンで話すのが得意中の得意という方はスルーしていただいて構いませんが、それ以外の方であればデート中の会話の内容はあらかじめ考えておいてください。それではいきますよ♪

まずは、今までLINEやメールなどでやり取りした内容を見返してみてください。その中で特に印象的だった内容を覚えておいて、明日のデートでその話題について掘り下げて聞いてください。そうすることで、「こんな細かいことまで覚えてくれてたんだ♡」と、女性に少なからず好印象を抱かせることができます。これには、既にLINEやメールで聞いた質問を明日のデートで再度聞いてしまったりなど、質問の内容が重複しないというメリットも存在します。ですので、面倒くさがらずに必ず見返してください。

次に、デート中には必ず無言になる時間があります。この時間があまりにも続きすぎると、女性に「つまらないデートだなー」というイメージを持たれてしまいます。それを避けるためにもあらかじめ質問リストを作成しておくのがベターです。

例えば好きな食べ物や嫌いな食べ物、出身地、好きな映画のジャンル、中高時代の部活、好きな音楽のジャンル、最近読んだ本、好きな色や嫌いな色、好きなお笑い芸人などなど。どんな些細な話題でも構いません。

明日のデートの主役はあなたではなく女性です。女性が話す時間が多ければ多い程、それは良いデートと言えるでしょう。張り切りすぎてあなたが話す時間の方が長いデートになるのは絶対にNGです。できる営業マンというのは、自分が話すよりもお客さんが話す時間の方が長く、そうすることでお客さんのニーズを引き出しているのです。デートも同様で、女性に色々話をしてもらい、女性の気分を良くさせてあげてください。間違ってもあなたが色々話しすぎないでくださいね。

チェック項目2:お店の予約をする

ランチまたはディナーのいずれにせよ、2人で食事をする機会があると思います。「行き当たりばったりのお店に入ればいいや〜」などといったデート初心者のような考えは絶対にNGです。お店は事前にリサーチをして、必ず予約をしてください。これが大人のマナーです。大人のデートです。

そして、デートの前にお店の場所くらいは把握して当日を迎えてください。もし時間があるのであれば、実際にお店の前まで行ってルートを確かめるくらいはした方が良いでしょう。

いざお店に向かおうという段階で、スマホを片手にあっちじゃないこっちじゃないと、慌てふためく姿を見せてしまっては、せっかくの予約も水の泡です。お店までスマートにエスコートしてあげるのがマナーです。

下見の段階で店内に入ったり食事まで済ませる必要はありません。最低限、場所さえ把握しておけばオッケーです。もちろん、食事をする場所以外にも、もし水族館や動物園、または映画館などに行く場合も同様で、最低でもその場所くらいは把握しておく必要があるでしょう。

チェック項目3:チケットの手配をする

デートの行き先が水族館や動物園だったとします。あなたは事前に施設の場所を把握していたおかげで、当日、スマートにエスコートできました。女性もそれには満足してくれ、「はぁ〜、良かった良かった」と、これで満足していませんか?

まだ事前にやるべきことがあるんです。もし前売りチケットを購入できる施設であれば、事前にゲットしておくのがベターでしょう。デート当日が週末の土日だった場合、人気のある施設だと園内や館内は激コミ必至です。

もっと言うと、チケットを買うためだけに30分並ぶことなども大いに考えられます。初デートでチケットを買うためだけに30分も並ぶなんて言語道断です。女性はオシャレのためにヒールを履いたりするので、男性よりも疲れやすいことを覚えておいてください。そんな中、30分も並んでは「良いデートだったな〜」という印象でデートを終わらせるのはよほど挽回しない限り無理です。

そううならないためにも、事前にチケットの手配は済ませておくべきなんです。主要な娯楽施設であれば、コンビニエンスストアやネットでチケットを手配することなんて容易にできる時代です。デート当日に30分も並ぶことを考えたら、事前にチケットを手配しておくことなんて簡単ですよね?

【まとめ】

いかがでしたか?

今回ご紹介した3つのチェック項目はどれも決して難しいものではありません。これをやったのとやらないのとでは、当日のデートの結果に雲泥の差が生じます。

デートを1回で終わらせず、2回目、3回目と続くようぜひ参考にしてみてください。もし気乗りしない女性とのデートでも、いつか訪れる本命女性とのデートのための練習だと思って実践してみてはいかがでしょうか?

モテる人はみんな実践! デートに不可欠な「さりげなさ」とは

女性とのデートをどうしたら良いのか困った時、雑誌やマニュアル本を頼りたくなるのではないでしょうか。しかし、多くのデート指南書やハウトゥー本では、「さりげなく手を差し伸べる」、「さりげなくドアを開ける」、「さりげなく荷物を持つ」、などと書かれています。それを鵜呑みにして、単純に手を差し伸べたり、ドアを開けたり、荷物を持ってあげてみたりしても、どこかぎこちなくなってしまい、うまくいかないのではないでしょうか。

それは「さりげなさ」が足りないからです。「わざとらしい」と「さりげない」は何が違うのでしょうか。

「さりげなさ」は表情

「さりげなく手を差し伸べる」場合、どのようなシチュエーションが考えられますか?どこか高いところに登る時、例えば階段などが挙げられます。階段の最上段に登った時、彼女に手を差し出すあなた。さりげなく手を差し伸べるにはどうしたら良いのでしょうか。

こんなシチュエーションで手を差し出すのはキザだなと思われるかもしれませんし、拒否されてしまうリスクも当然考えられます。しかし、それを気にして恥ずかしそうな表情を見せてしまっては、無理してるなということが伝わってしまいます。また、手を伸ばしたかどうかわからないくらいの小さな動作ではただの挙動不審です。

さりげなく手を差し伸べるのであれば、「普通のこと」「当たり前のこと」をやっているという表情をしましょう。表情が通常時と変わらなければ、もしスルーされたとしても、何事もなかったかのようにやり過ごすことができます。

「さりげなさ」はタイミング

女性とのデートで男性がドアを開けるというレディーファーストのシーンは海外の映画などでよく見かけるかもしれません。

お店に入る直前に不自然な早歩きで先にお店の前に到着し、「どうぞ」と言ってドアを開けるのは、ホテルのボーイか映画俳優がやるから様になるのであって、一般人が同じようにやるのは少々痛い感じに見えてしまいます。要はタイミングなのです。見え見えの動きで、いかにも「レディーファーストやってます」という主張をされるとウザいだけなのです。

女性より半歩前に出て、スッとドアを開けるだけで十分です。言葉もいりません。女性が待つことも、身構える暇さえ与えずに行えることが、さりげなさなのです。

「さりげなさ」は観察力

さりげなく何かをするというのは実は難しいことです。さりげなく何かができる人は、女性の扱いに慣れているのももちろんですが、最も重要なのは観察力が優れているという点です。荷物を持ってあげることにしても、彼女がそれを嫌がるやタイプかどうかの判断や、彼女が必要としているかどうかの判断は、女性を観察することでわかるものです。声をかけるタイミングや手を出すタイミングはいつが良いのか、しっかりと相手を観察することでわかります。

観察するのも、相手を凝視していては怪しまれてしまいます。想像力を働かせて、「さりげなく」行うことが重要ですよ。

出会い系サイトを使ってデートまで持っていく全手順

現在では様々な出会い系サイトがありますが、それを使ってどの様にすれば、女性とデートまでいけるでしょうか?

今回はその技をいくつかお伝えしましょう。

プロフィールは誰が見ても解るように

まず、出会い系に登録をする所から始めます。プロフィールを記入する項目には『名前・年齢・趣味・特技』等の項目をしっかり書き込む事が重要です。名前はニックネームでかまいませんが、偽りの無いようにして下さい。そして、最も大事な事は……『自分の顔写真』を掲載する事です。

女性に好感を持ってもらうためには顔写真が必要です。自分はこういう人間だという事をアピールしないといけません。自分に自信が無いと言っている場合ではありません。何のために出会い系サイトに登録したのか、よく考えて下さい。

興味を持った女性にメッセージを送ってみる

登録が終わったら、次は好みの女性を探しです。自分の趣味や特技等にあった女性を探すのです。ここで重要なのは『顔の好みで女性を選ばない』事です。女性は顔だけではありません。自分と同じ趣味や特技を持っている女性を選びましょう。

そして、好みの女性が見つかったら今度はメッセージを送ってみましょう。そして、返信がくるのを待つのです。しかし、何日経っても返事が来ないからといって何度もメッセージを送ってはいけません。しつこいと思われ、無視されてしまいます。返信が来るまで待ちましょう。

もし、何日経っても返信が来ない場合は、女性の方が自分に好感を持ってくれていないという事です。その時はキッパリ諦めて次の女性を探しましょう。

連絡先を交換する

女性からメッセージが来たら、浮かれずにクールな対応をしましょう。紳士を装うのです。そして、メッセージを送って来てくれた女性に感謝の言葉を述べましょう。この時は敬語です。年上・年下問わずです。
それから、連絡先の交換OKというメッセージが来たら、LINEやメールの交換をしましょう。この時も自分からしつこくいかないように。何度もメッセージでやり取りしながら慎重に行って下さい。

デートに誘ってみる

連絡先を交換して、何度も連絡を取り合って、この人とデートしたいなと思ったら、誘ってみましょう。何度も連絡をしているのだから、女性は断るはずがありません。これでOKのサインがでたら、いざデートです。

デートの前に行わなければいけない事

デートをする前に行わなければいけない事があります。それは、まず下見。どこに行きたいのかをあらかじめ知っておいてから、計画を立てて実行しましょう。日時・待ち合わせ場所、行きたい場所、食事をするお店等を入念に調べあげて、女性が喜んで貰えるように計画を立てていきます。下見は女性目線で行って下さい。

次に予約です。映画を観たいというのであれば、チケットはあらかじめ予約。食事をしたいのなら、お店に予約。混んでいる場合でもスムーズに入れる様にしっかり予約をしておきましょう。
そして、デートの時の格好にも気を付けて下さい。女性が軽蔑しないような格好をするのです。男の身だしなみをきちんとし、服装も考えましょう。女性は『オフィスカジュアル』な服装が大好きです。もし、解らない時はショップに行き、店員さんと相談して下さい。

また、お金は全て自分が支払いを済ませなければいけないので、予算はどのくらいかをあらかじめ調べて下さい。当日は自分が考えている予算よりも多めに持っていきましょう。

デートの時は女性を褒める・話を聴いてあげる

デート当日は、お互いドキドキしています。しかし、紳士を装わなければいけません。女性をリードさせるようにして下さい。

また、時間はきっちり守りましょう。待ち合わせ場所に決して遅れる事が無いようにして下さい。女性を待たせるのではなく、自分が待ちましょう。

女性と出会った時は、まず女性を褒めましょう。女性は常に自分の容姿にコンプレックスを抱いています。言葉巧みに女性を操るのです。そうして、自分のペースに持ち込みましょう。しかし、全ての事はレディファーストです。デートの主役は女性という事を忘れずにして下さい。

そして、女性は話をするのが大好きです。女子会があるのはその為です。自分がベラベラしゃべるのではなく、女性の話をしっかり聞きましょう。もしかしたら、とてもくだらない事かもしれません。しかし、それを聞いてあげ、同調してあげる事によって女性は安心します。

感謝の気持ちを伝える

デートが終わったら、どっと疲れると思いますが、その日のうちに女性に感謝の気持ちを伝えましょう。そして、次回もデートしてもらえるかどうか聞きましょう。もし、それでOKが出たら、貴方の勝ちです。

このように、デートまでこぎつけるのにはたくさんの事を行わなければいけません。中々大変ですが、交際したいのであれば、このくらいはやっておかないといけません。
難しいかもしれませんが、きっと貴方にも良い出会いが待っています。これは、先着順と言っていいかもしれませんね。貴方が素敵な女性とデートできる様に祈っています。

初めてのデートで押さえておきたい4つのポイント

初めてのデートとなると、どうしても気合が入ってしまうものです。どこへ行こうか、どんな話をしようか、どうすれば彼女が楽しんでくれるのか、悩みどころです。初めてのデートをする際はポイントが4つあります。このポイントさえ押さえておけば初デートは楽しいものとなるはずです。

1.場所のセレクトをリードする

デートの場所はどこにしようか、それが一番の悩みどころです。彼女に聞いても「どこでもいい」と言われてしまうこともありますよね。でも、自分一人で決めてしまうのは自信もないし、気がひける。そんなときは、3つくらい候補を挙げて、「どこがいい?」と彼女に選ばせましょう。最終的な判断を彼女に委ねることでデート場所を大きく外すことはなくなるでしょう。

2.会話を作り出せるデートか

初めてのデートは、当然二人の仲もそれほど深まっていないことでしょう。そんなときにカフェに行ったり、食事に行ったりして盛り上げることができるのは一部の上級者のみです。まずはデートをすることで共通の話題を作ることを考えましょう。例えば、映画館。映画を一緒に見ることで、その後に感想を言い合ったりすることができるでしょう。何もなかった二人の間を埋めてくれるのがデートです。デートをきっかけに、今後二人が付き合いやすくなることを考えて場所のセレクトをしましょう。

3.待ち合わせは10分前行動で!

小学校のとき、「5分前行動」と言われたことはありませんか?何事も始まる少し前に余裕を持って行動しようということですね。デートの場合は、もう少し早めの10分前行動を心がけましょう。なぜ、10分なのかと言いますと、5分前だと彼女と同じタイミングもしくは彼女の方が早くついている可能性もあるからです。彼女より早く待ち合わせ場所に着いているということで、精神的に優位な状態で今日のデートをエスコートすることができるでしょう。これが彼女より遅れて登場したりすると、気分的にもマイナスからのスタートになってしまいます。

4.家に帰ってからのアフターフォロー

「遠足は家に帰るまでが遠足」でした。しかし、デートは家に帰ってからも終わりません。家に帰った後は、彼女にアフターフォローを行いましょう。メールで良いので、無事に帰れたかどうかの確認、そして今日楽しかったこととお礼。最後に次また行こうと、次につなげる言葉を忘れてはいけません。帰った後にアフターフォローがあることで、彼女は幸せな気持ちで1日を締めることができるのです。