複数の女性を同時に狙うことで恋愛の成功率は格段に上がる

恋愛に一途な男はその昔から美談的に語られてきました。彼女にまっすぐに想いを伝え、フラれても潔い。しかしこれはメディアと女性が作り出した幻想に過ぎないんです。

恋愛で本当に成功している男は決してこんなに一途でもなければ1人の女の子を数年間も愛し続けたりしません。そういうヒマがあれば、違うことに情熱を注ぐんです。モテ男のマインドと行動をのぞいてみましょう。

一途な恋愛は破綻する

恋愛に一途な場合、何が起きるか。1人にフラれた後に行く場所のない思いを抱え、人生が停滞してしまいます。最も大切なものを失ってこの先何を目標に生きていけばいいのか、さえ分からなくなることもありますよね。

それを避けることを、モテる男は心得ています。つまり常に複数を狙うということです。複数を狙うということは、1人に対する思いが弱まります。単純な割り算です。思いの総量÷狙う人数=思いの強さ。これを使うんです。

人というのは思いが強すぎると行動力が減退します。ミスしたくないから、動かなくなるんです。カワイイコを狙うのであればなおさら、力んでしまう→ラインに力みが出る→女の子はそれを感じ取る→既読無視→自己嫌悪 の悪循環です。例えデートにありついてもこういうマインドであれば重苦しくて楽しめないんです。

複数狙いは男性の恋愛における原理原則

「男性の」としました。複数狙いは男性の恋愛については必須事項です。男は脳の構造上一度に一つのことしか考えられないようにできています。何かと力が入りがちです。仕事ならそれでいいかもしれません。頑張るのが美徳だからです。でも恋愛はそうはいきません。

例えば二人に同時にデートのお誘いをラインするとします。この場合、一方から返ってこなくてももう一方から返ってくれば心はラクです。例え両方から返ってこないとしても、1人に対する気持ちの重さは半分なので、それぞれに対する行動力は保たれるんです。

つまり、無視されてももう一度メールをすることができる。失敗への恐れも半分だからです。このように思い切って行動することが、女性側から見ても好印象を与えます。ちなみに女性が男に対して「一途でいてほしい」と思っているかというとそれはウソです。本音では重い男はNGですよ。重さを徹底的に排除するのが恋愛攻略のコツ。でも本能的に重くなってしまうのが男ですから、複数狙いで分散するわけです。

カワイイコを狙うなら5人くらいを同時に狙う

特にカワイイコ(ハードルが高いと感じるコ)を狙う場合はとかく重くなりがちなので、2人ではなく5人同時に連絡をとります。繰り返しますが、恋愛における一番の天敵は失敗を恐れる心です。例え本命と違うコとうまくいったとしてもそれを足がかりに次のカワイイコを狙えばいいんです。次はすでにキープできているのでもっとハードルが下がります。こうして点と線の恋愛を面に変える、面で攻める恋愛なんです。

いかがでしたか? 複数狙いは実は恋愛にとどまることではなく、就職活動でも当たり前ですよね。数十社に面接を受けるけど、常に「本命です」とうそぶく。恋愛にもこのマインドで臨むことで幸せな未来が開けるんです。

モテる男が無意識に使いこなしている3つの会話テクニック

「女性との会話が続かない、弾まない……」と悩んでいませんか?

しかし、無言のまま恋愛ができるわけありませんよね?

会話が続かなければ、たとえ付き合えても、すぐ別れが来ます。つまり、女性にモテて、恋愛関係が続くかどうかは「会話テクニック」にかかってるんです。

しかし、安心してください。

「話す内容」と「コツ」さえ抑えれば、誰でも簡単に女性を落とす会話テクニックをマスターすることができます。実は、モテる男性はこのテクニックを使いこなしているだけのこと。

そこで今回は、モテる男が無意識に使いこなしている3つの会話テクニックをご紹介します。

これをマスターすれば、たとえあなたに興味のない女性ですらも、あなたに恋愛感情を抱きはじめます。

女性の愚痴、悩み、相談を聞き出す

女性があなたに心を開き、恋愛感情をもつために、一番効果のあるテクニックは、「女性の愚痴、悩み、相談を聞き出すこと」です。

そして、共感したり、褒めてあげたりすれば、女性は勝手に「私にはこの人が必要……」と思いはじめ、あなたを求めるようになります。

なぜなら、愚痴、悩み、相談を聞き出すことで、女性の中で次のような感情・思考の変化がおこるからです。

  1. 愚痴、悩み、相談を聞いてもらう
  2. 「うん、うん、そうだよね。わかるなぁ」と共感されたり、「うん、うん、〇〇ちゃん頑張ったね。すごいよ」と褒めてもらう
  3. 自分を受け入れ、認めてもらえたと感じ、悩んでいたときのネガティブな感情がポジティブな感情に変わる

その結果、あなたをよき理解者と認識し「わたしにはこの人が必要……」と思うようになるのです。

女性を褒める

女性はとにかく褒められることに弱いんです。

「褒めること」はモテるための必須スキルといっても過言ではありません。なんとしてでも褒めるところを探してください。

といっても、ただ褒めればいいわけではありません。女性が褒められると喜ぶポイントをご紹介します。

まずはファッション、アクセサリー、髪型、メイクなどの「外見」を褒めましょう。女性はファッションへのこだわりが男性より強いため、褒めると効果が高いです。

また、アクセサリーなどを褒められると、つけ外しするごとに、あなたを思い出す刷りこみ効果も期待できます。

次に、性格、スキル、相手の得意分野などの内面を褒めてあげましょう。とくに、美人やプライドの高い女性は内面を褒めると効果的です。

また、褒めるときは「すごいね」「すばらしいね」など言葉を加えると、褒め効果が一層高まります。

女性の目を見て話す

女性と会話をするとき、目を見て話すことは非常に重要です。目を見て話すのが苦手な人も多いと思いますが、視線を合わせられない人=自信のない男と、女性は無意識に思います。

それくらい、視線はモテるための重要な要素です。

しかし、ずっと見続ければいいわけではありません。

人は8秒以上見られると、威圧感や恐怖心を抱くともいわれています。では、どのようにすればいいのかというと、1.5~3秒見たら視線を左右にはずす→視線をもどし目を合わせるという動作繰り返してください。

このとき、視線をはずすのは、あなたから先にするのがポイント。なぜなら、先に視線をはずした方が、恋愛関係で「優位な立場」になることが心理学的にわかっているからです。つまり、視線のテクニックを使うだけで、知らず知らずのうちに、あなたが「追われる立場」になるのです。

モテる男は全部実践!きちんと謝れる男ほど男らしいものはない!

ojigi_fukai_side仕事でも日常生活でも素直に謝れない男性が非常に多いです。それというのも、『男のプライド』だったり、『男らしい』というものをはき違えている事が原因と思われます。

女性が思う男らしさ

女性は男らしい男性が好きです。しかし、男性が考える男らしさは女性の思うものとズレがあるため、勘違いしているケースが多く、見るに堪えません。俺についてこい!と、空気も読まずにオラオラ系で一方的にグイグイ・・・

女性が求める『男らしさ』は、弱いものを守れる強さと優しさです。女性は基本守ってもらいたいと思う生き物ですから、何かあったときに頼りになってくれる男性を求めています。それなのに男性は、見た目や外見だけで内面は女々しかったというのがほとんど。そんな時の女性のガッカリ感は半端ないです。

「この人についていきたい!」と女性に思ってもらうためには、見た目だけの男らしさを見せることはやめて、誰からも頼りにしてもらえるような内面の男らしさを持てるよう努力するのが一番ですよ。

私も、「少々強引かなあ」と思えるような行動を意識して取るようになったら、モテ度合いがテキメンに変わってきました。

横柄はいけませんが、少々の強引を女子が待っているのは間違いがなさそうです。

謝れない男はとても格好わるいもの

何かで他人に迷惑をかけた時など、「自分は悪くない。」と謝ることをしなかったり、自己保身で必死にその場をグダグダと言い訳をしてごまかそうとする男性。本当に見苦しく、人間としても人格を疑ってしまう瞬間です。

仕事、日常、恋愛の中で、『謝る』という行為が非常に重要になってきます。自分の非を素直に受け止め、「すいません」と謝る事ができるのは容易いことではありませんし、プライドを出来るだけ傷つけられたくない男性なら尚更難しいのかもしれませんね。そんな中で、しっかりと謝る事ができる男性は本当に格好良く見えるものですし、何より「男らしい」と女子には映るようです。そんな姿に女性は惹かれてしまうようですね。

ベタな内容ではありますが、遠く何百年も前から、「潔い男はモテる」というのは変わらないようです。

だからといって、何もしていないのに何でもかんでも謝るということではありません。本当の男らしさとは、自分のダメな部分を隠すために自己保身をするのではなく、悪い部分は悪いと潔く認め、謝ることのできる男性のことを言うんですよ。

まとめ

「人間性をあげる努力」をしよう!

女性は確かに見た目も中身も格好良い男性が好きです。外見はオシャレしたり、ヘアスタイルに気をつかうだけでだいぶ印象を良くすることは可能です。
しかし、内面はどうでしょうか?普段の行動は恋愛の場においても出てしまうものですから、人として誇れるよう常に心がけて行動していくことが、恋愛をうまくいかせる一番の近道かもしれませんね。

普段から意識して行動を取るようにしてみてください。
今日明日で変化は出ませんが、半年経つと雲泥の差が出てくるようになります。

今日から実践!潔いサッパリ男子。

モテる男までの道のりは、そう遠くはありません!

初めてのデートで押さえておきたい4つのポイント

初めてのデートとなると、どうしても気合が入ってしまうものです。どこへ行こうか、どんな話をしようか、どうすれば彼女が楽しんでくれるのか、悩みどころです。初めてのデートをする際はポイントが4つあります。このポイントさえ押さえておけば初デートは楽しいものとなるはずです。

1.場所のセレクトをリードする

デートの場所はどこにしようか、それが一番の悩みどころです。彼女に聞いても「どこでもいい」と言われてしまうこともありますよね。でも、自分一人で決めてしまうのは自信もないし、気がひける。そんなときは、3つくらい候補を挙げて、「どこがいい?」と彼女に選ばせましょう。最終的な判断を彼女に委ねることでデート場所を大きく外すことはなくなるでしょう。

2.会話を作り出せるデートか

初めてのデートは、当然二人の仲もそれほど深まっていないことでしょう。そんなときにカフェに行ったり、食事に行ったりして盛り上げることができるのは一部の上級者のみです。まずはデートをすることで共通の話題を作ることを考えましょう。例えば、映画館。映画を一緒に見ることで、その後に感想を言い合ったりすることができるでしょう。何もなかった二人の間を埋めてくれるのがデートです。デートをきっかけに、今後二人が付き合いやすくなることを考えて場所のセレクトをしましょう。

3.待ち合わせは10分前行動で!

小学校のとき、「5分前行動」と言われたことはありませんか?何事も始まる少し前に余裕を持って行動しようということですね。デートの場合は、もう少し早めの10分前行動を心がけましょう。なぜ、10分なのかと言いますと、5分前だと彼女と同じタイミングもしくは彼女の方が早くついている可能性もあるからです。彼女より早く待ち合わせ場所に着いているということで、精神的に優位な状態で今日のデートをエスコートすることができるでしょう。これが彼女より遅れて登場したりすると、気分的にもマイナスからのスタートになってしまいます。

4.家に帰ってからのアフターフォロー

「遠足は家に帰るまでが遠足」でした。しかし、デートは家に帰ってからも終わりません。家に帰った後は、彼女にアフターフォローを行いましょう。メールで良いので、無事に帰れたかどうかの確認、そして今日楽しかったこととお礼。最後に次また行こうと、次につなげる言葉を忘れてはいけません。帰った後にアフターフォローがあることで、彼女は幸せな気持ちで1日を締めることができるのです。

人見知りは姿勢の悪い人が多い

OZPA_otokohasenakadekataruiine-thumb-815xauto-15715

人見知りの人は、会話だけでなく、見た目にも問題があります。

多くの人が、猫背で下を向き陰気に見えてしまっているのです。

立ち方をすこし意識するだけで、女性からの見え方は一気に変わります。今回はモテる立ち方についてまとめてみました。人見知りのみなさまこそ、この立ち方をマスターしてください。姿勢が変われば、気持ちも変わるものです。

モテる立ち方

背が低く姿勢が悪い人の場合、ちょっと立ち方を変えるだけで、人は5センチほど背が高く見えるそうです。

素敵な立ち方にはコツがあります。

まずは、自分の頭のてっぺんから糸で吊るされているところをイメージしてください。これはよく言われていることですよね。

次に、爪先立ちになってできるだけ伸び上がってください。ぴーんとできるだけ。そのあとに、ゆっくりとかかとをおろしていってください。ストンとおろしてはダメですよ。ゆっくりと、です。

そして胸を はって、お腹に力を入れて、お尻をきゅっと締めてください。

これが、あなたの正しい立ち姿です。立ち姿が美しければ、自信のある素敵な男性に見えますよ。

この姿勢で立つことは慣れていないと大変かもしれません。しかし、いつもこの立ち方を続けていれば、徐々に必要な筋肉がついてきて、自然にできるようになっていきます。

人見知りでしゃべるのが苦手……そんな短所を長所に変える方法

メル友から仲良くなった女性といざ実際に会ってみると、言いたいことを上手く伝えられずにデートがなんだか微妙な空気になってしまった……。

 

そんな経験を味わったことはありませんか? 特に、メールとのやり取りだけで長く付き合っていた相手なら、なおさらその時の落胆は大きいはず。

 

しかし、落ち込む必要はありません! 人見知りでしゃべるのが苦手だからといって、それだけで自分を卑下する必要はありません。むしろ、人見知りでおしゃべりが苦手だということは女性との付き合いを良くするための武器にもなり得るのです!

 

短所だと思うことが、実は一番の長所!

例えば実際には無口だけど、メールでは饒舌になることがコンプレックスの人がいたとします。 この人からしてみたら、本当はもっと言いたいことがあるのに上手く喋れないことが自分の短所ということになります。でも、それは本当に短所なのでしょうか?

 

確かに、自分の考えをスラスラと喋れる人の方が、女性の会話が弾むかもしれません。女性は曖昧な言葉で濁すよりもハッキリと言ってほしいという人が多いため、これができることは大きな長所だと言えます。

 

では、いわゆる「喋り下手」の人はどうでしょうか? 頭ではこう言いたいということがあるならば、それはつまり相手の話をちゃんと聞いているということ。そうしなければ、言いたいことなんて生まれようがありません。 ということは、それは優秀な「聞き役」の才能があるということになります。特に、話し好きの女性の場合、相手に割って長々と話をされるとムッとされる可能性があります。そんな女性からしてみたらもっと喋りたいのに邪魔をされたような気分になるわけです。

 

相槌は「うんうん」「そうですね」ではなくオウム返しで

話すことが好きな女性にとって相手にしてほしいことは何でしょうか? それは、相手からの共感の言葉です。

 

「うん」とか「そう」といった相槌を繰り返していると、女性は段々と話をちゃんと聞いているのだろうか? と疑心暗鬼に陥っていきます。それを態度に出す人もいれば、出さない人もいますが、万能な相槌は多用してしまうとチープな言葉として受け取られてしまう可能性が高いです。

 

そんなことにならないための相槌としてベターな方法は、相手の言いたいことをオウム返しで言い返すことです。話の聞き役に回れる人ほど話の要点を掴むことが上手いため、この方法を取ることで、女性は「ちゃんと私の話を聞いてくれている」と思ってくれるわけです。

 

例えば「天気予報では雨だと言っていただけど、今日の空の様子からしたら明日の天気は晴れ以外に考えられないよね」という言葉に対しての返答として、「うん、そうだね」と返してしまうと、天気予報のことを肯定しているのか、それとも自分の予想した天気を肯定されているのか、最初に話した相手からしてみたら一瞬分からなくなってしまいます。 会話はキャッチボールなのでこの一言二言から更に先に繋がっていきますが、会話の小さなすれ違いは会話が止まりギクシャクする原因にもなってしまいます。

 

それよりも、「うん、天気予報では雨だって言ってたのにね」とか「確かに、この天気だったら明日は絶対晴れだね」と相手の言葉を上手くアレンジすることで、手短にかつ自分の意見も加えた効果的な相槌を打つことができます。

恋愛は何月に始めるのがベストなのか?~季節と恋愛の関係~

couple_christmas_date恋愛とはなぜか、寒くなる10月、11月に盛り上がるもの。しかし、それとは裏腹に失敗する確率もウナギノボリなんです。

なんででしょう。今日は、季節と恋愛の関係について、一考してみましょう。ベストなシーズンなどもあるのでしょうか。

秋は恋愛が盛り上がりやすい

気候がよくなり、出かけたり、飲み会が増えたりと、秋は何かとイベントが多いですよね。何より9月末のシルバーウィークをはじめとする連休が充実しています。こうすると、デートなどの約束を取り付けやすく、チャンスが多い気がします。最近では10月末にハロウィンなどもあり、集まる機会も多いですよね。実際にクラブなどのイベントも、秋ごろビックアーティストが来日したりして、夏フェスではなく、秋フェスな感覚です。年末に向かい自然と気持ちが高揚するようですよね。

なぜか失敗しやすい

それだけに秋に始まった恋愛は一過性のお熱に過ぎず、結局うまくいかないケースが多いです。第一、自分だけが気持ちが盛り上がっているわけではないんですね。男はみんな盛り上がる。つまり競争率が高い。カワイイコほどなおさらお誘いも多く、今週はあなたと会ったけれど、次の週はパーティーで出会ったほかの男とデートしていたりするんです。それをあなたの目線で見ると、前回のデートの後ラインの返信があまりない。反応がよくない。何かまずいことでもしたかな、という風に映ります。実際はそんなことはないのですが、競争率の高い季節特有の現象です。意味分からず音信普通。

そのほかにも精神的に高揚することが、恋愛にあたえるデメリットは計り知れません。男はただでさえ、口説いて付き合うまでがテンションマックスです。女の子は付き合う後にピークが来るのに比べるとかなり早いのが男性。さらに秋の高揚感が加われば、女の子は到底ついていくことができません。「なにがんばってんの(笑」てなるわけです。テンション高すぎて思わずメールで告白してしまった経験がある方、それはきっと10月あたりではないですか??

そうこうして、一人いいコをねらった挙句、11月末くらいに振られるわけです。それからどうします?年末までに新しい女の子を探しますか?

すると次の問題が立ちはだかります。女の子はクリスマスが近づくと、恋愛を控えます。もう一度いいます。クリスマスが近い11末くらいになると、女の子は新規で恋愛しません。なぜか? それ目当てになってしまいたくないからです。女の子は男ほど恋人がほしい、と飢えたりしません。いなきゃいないでいいんです。クリスマス前に新しい彼氏ができるって結構面倒くさい。だから、恋人がいない場合、クリスマスは仲のいい女の子と一緒にホームパーティーなんかやるんです。リア充、間に合っているんです。なので、秋に失敗した恋愛は、取り返しがつきません。年が明けるまでは、一人身の覚悟が必要なんです。

恋愛のベストシーズンは5月?

この秋冬の恋愛高騰期を考えますと、恋愛は5月ころからはじめるに限ります。まあ人によるとは思いますが、5月なんてけだるい季節。恋愛モードになりにくいし、どんどん暑くなるし、本当ならまったり暮らしたい。しかしです、秋の恋愛期に成功することから逆算すると、恋愛を始めるのは5月くらいでちょうどいい。夏は夏で、そもそも予定が立ちにくいというのもあります。つまり夏までにはある程度特別な仲(ラインを一日一度は交換する程度)になっておく。秋の入り口くらいには、クリスマスを意識されないように、告白しておく。9末がデッドラインかと思われます。そういう年間スケジュールで動きます。

万が一、秋に成就しても

仮に11月か12月に付き合い始めたとします。高揚感で付き合ったものの、年明けにはさめがちです。年末の高揚感は1月3日ころに急速にしぼみますよね。それと同時に、キラキラ輝いて見えた彼女が急に色あせて見えるんです。で2月に破局。結構ありがちです。ですので、付き合えても気持ちが長続きしない。これぞ秋恋愛トリックなんです。ゲレンデの女の子が2倍かわいく見えるのと似ています。高揚感に惑わされるんです。

いかがでしたか? 恋愛のベストシーズンを考察してみました。比較的落ち着いた気持ちでいられる時期に、恋愛の種をまくのが鉄則なようです。でももっと先まで見ると、秋にまいた種だって、翌年に実るかもしれないんです。結局は人間関係。たくさんの交流を深めることで、いい恋愛に結び付けましょうね。

知っておきたい!LINEを恋愛に活用する3つのテクニック

LINEは恋愛に活用出来る、とても便利なツールです。普段は友達との連絡だけに使っている人も多いかもしれません。でも好きな女性と今以上に仲良くなるための、とても手軽な連絡手段なのです。どのようにしてLINEで仲良くなることが出来るのか、そのテクニックについてお教えしましょう。

LINEで対話をする

メールとは違ってチャットが出来るというのが、LINEの良さでもあります。相手がリラックスしている時間帯を狙って、そこでLINEでの対話をするようにしてみましょう。自分の感情をすぐに相手に伝えることが出来て、相手の気持ちをすぐに受け取ることが出来る、そのLINEの良さを活かして相手にアプローチをしていくことが出来るのです。

対話をしたいと思った時には、出来れば相手に疑問形の言葉を送るようにしましょう。「今何しているの?」とか「今日はどんな日だった?」というようなメッセージを送るようにすれば、自然に相手と対話をすることが出来ます。

でもこれを毎日何度もしていると、相手に迷惑がられますので、ほどほどにしておくことも必要です。

スタンプを活用する

スタンプだけを送ると女性から「あまり私に興味無いのかな…」と思われてしまうこともあるでしょう。スタンプとメッセージをうまく使うことが必要になるのです。新しいスタンプを購入したり、無料で手に入れたりした時にはそのスタンプをメッセージとして送りながら、言葉も付けるようにした方が良いですね。

どうしても仕事で忙しい時や、手が離せない時には既読無視をしないでスタンプだけでも返すと良いかもしれません。逆に女性が可愛いスタンプを送ってきた時には「可愛いね!いい感じ!」と褒めるようにしてみましょう。

そして最近これを買ったんだと伝えて、新しいスタンプを見せてみるのも良いですね。スタンプだけでも、かなりLINEのやりとりが盛り上がるのです。

未読無視は避けよう

未読無視の怖いところは、相手から見て「もしかして私ブロックされているの?」と思ってしまうところです。ある程度LINEに慣れている人なら、ブロックをされると、こちらから見て未読になることが分かっているのです。

そのため、出来るだけ既読にはしておいた方が良いでしょう。でもそれで放置をするのも女性としては辛いものです。逆に自分がされた時にどう思うのかを考えてみましょう。どんなに忙しい時でも「ごめん!今バタバタしているので、後で連絡するね」と書いてくれるような男性を女性は好むのです。

そういう返信が出来る二人なら、LINEを活用して恋愛にうまく取り入れることが出来るでしょう。

まとめ

LINEを恋愛に活用するテクニックについてお伝えしてきました。あまりLINE慣れをしているところを見せると、他の女性ともやりとりをしているのかも…と女性に思われてしまいますので、その辺りは注意が必要です。

「こんなに毎日やりとりしているのは、○○ちゃんとだけ」と伝えれば女性は安心するでしょう。そして「毎日楽しい」ということを伝えるようにすれば、更に仲良くなれるのです。

常識的な人ほど、人見知りをしてしまいます

uploaded

 

上記の画像をご覧ください。とあるWebサイトで「あなたは人見知りですか?」というアンケートをとった時の結果です。実に4人に3人が人見知りです、と答えている通り、人見知りをしてしまう人というのは圧倒的に多数派なのです。私は人見知りなんてしませんよ!なんて堂々と言える人なんてのはかなりの少数派なわけですね。というのも、初対面で緊張してしまうというのはごくごく当たり前なことなんです。

 

相手のことをよく知らないし、相手も自分のことをよく知らない、そんな人と1:1の状況に置かれた時にまず生き物の本能として「警戒」をします。この人はどんな人なんだろう?悪い人なのか?それとも良い人なのか?そんな風に身構えて、探っている状況を「人見知りする」と呼んでいるだけなんです。

 

そもそもの話として、初対面の人との会話がぎこちなくなってしまうのは当然のことです。それは相手との距離感をしっかり測れる常識人ほど、そうなります。たまにいますよね、空気が読めない人って。いきなり馴れ馴れしく話しかけてきたり、まだそんな親しくもないのにキツめの冗談をいってきたり。そういう人が「自分は人見知りをしない」と言っているのかもしれません。

 

もちろん、そんな人ばかりではありません。ちゃんと相手との距離を測った上でどうにかして縮めようとして話題を振ってくれたり気遣いをしてくれたりといった人もいます。そういう人たちこそ、真の人見知りをしない人といえるでしょう。こういった人たちというのはほんとうに少ないんです。

 

人見知りをしてしまうのは特別なことでもなんでもなく、よくあることなんです。10人集まったとしたらそのうち7~8人が人見知りなんです。なんなら10人全員が人見知りだってなんらおかしくありません。そう思うことで、少しは気が楽になってきませんか?

 

人見知りの正体は「緊張」にあります。なので大事なのは気を楽にして「リラックス」をすること。あなたが人見知りを発揮してしまいガチガチになっているとき、実は対面している相手も同じ気持ちになっているのかもしれないのですから。

人見知りこそ出会い系を利用すべき4つの理由

df5022020d72e79ade7afe478bf10834-604x270

 

人見知りの自覚があるけど、出会いがほしい。でも出会いを探すためには初対面の人と話さなければならない。人見知りな自分が初対面の人と話しても盛り上がらないから、嫌われてしまって出会いが見つからない……。そんな負のスパイラルに陥ってしまっている人見知りのかたも多いと思います。

 

でも、私は思うんです。人見知りだからこそ、出会い系を利用すべきだと。

 

私もかつては人見知りだったのでよくわかるのですが、人見知りを治せるものなら治したいけど……そもそも人見知りって克服できるものなの?と。自分が人見知りじゃなくなって、初対面の人でも堂々と気さくに話している自分が想像できなさすぎて、実感がわかないんですよね。きっと治すにしても血を吐くような努力を重ねないといけないんじゃないか、そこまでして治さないといけないものでもないかもしれない、別に今は出会いがなくてもいつか転がってくるかもしれないし……。まあ、無理しないでもいっか!と。思っていませんか?

 

無理しないでもいい、という部分については私も同じ考えです。無理をする必要はありません。というよりも、無理なんかしなくても簡単に人見知りは改善できます。人見知りするという性格自体は治すことは出来ませんが、初対面の人でもそつなく話せるという「技術」が身につくようになるんです。そしてその技術がついたことにより「自信」が自分につくようになります。この技術と自信が合わさった時、人見知りだった自分は完全に過去のものになります。

 

その技術と自信を身につけるのにベストなものが出会い系なんです。実はもっとベストなものをいえば、路上ナンパなのですが、これはさすがにハードルが高すぎますよね。人見知りの人に今からナンパしてこいなんてのは崖から飛び降りてこいというようなものですから。でも、出会い系であれば簡単かつ気軽に始められますよね。なにせメールアドレスひとつあればいいんです。それこそ、今すぐ始められる上に完全無料で利用できます。

 

ではなぜ出会い系が人見知り改善に最適なのか?その理由をあげてみたいと思います。

 

その1.メールのやり取りなら顔を合わさずに済む

 

人見知りの人がもっとも嫌がるのは顔と顔を合わせて、なおかつ二人っきりの状況です。別に相手はプレッシャーをかけているわけではないのに、こっちが勝手にそう感じてしまうんですよね。なにか話さなきゃ!楽しませなきゃ!嫌われないようにしなきゃ!といった強迫観念が次々と襲ってきてしまい、相手の顔をみるどころか自分がなにを話せばいいのかすらわからなくなってしまう、軽いパニック障害のような状況に陥ることもあります。

 

しかし、同じ初対面でもメールならどうでしょうか。メールというのは自分の好きなタイミングで読めますし、返事を出すことが出来ます。このすべてを自分のペースで管理できるというのはとても安心できるんですよね。じっくり考える時間もありますし、なにか変なことを書いてしまったなと思えば文字を消してまた別の表現なり話題なりに切り替えることができます。常に自分の考えぬいた最高の会話を行うことが出来るんです。

 

顔を合わせた状況では同じ時間と空間を共有していますので、自分の好き勝手には出来ませんし相手の好き勝手なペースに巻き込まれるのも気持ちがいいものではありません。会話というものはよくキャッチボールに例えられます。相手が上手くキャッチできそうなボールを投げる技術と、相手の投げてきたボールをしっかりキャッチできる技術。その両方が必要なんですね。

 

人見知りな人は会話が下手なわけではありません。気心の知れた人相手でしたら、なんの問題もなく楽しい会話が出来るのですから。ただ、初対面だと緊張してしまい、ちょっとズレたボールを投げてしまったり、相手の簡単なボールをキャッチしそこねたり、そもそも腕が上がらずにボールを投げられなかったりと……。そんな精神面からプレッシャーを受けて普段通りに出来ないだけなんですね。

 

でも、メールなら自分の好きなペースとタイミングでリラックスして行うことが出来ます。つまり、普段通りの自分を相手に見せられるわけですね。初対面で緊張してしまって第一印象が最悪になってしまった……なんて失敗が起こりえないわけです。

 

その2.相手に自分が人見知りなことを事前に伝えることが出来る

 

人見知りである、というのはある意味免罪符のように使われることもあります。初対面で弾まない会話のなか、やっとひり出せた言葉が「ごめんなさい、私ってちょっと人見知りしてしまうもので……」という言葉。会話が盛り上がらないのはあなたのせいではなくて、私のせいなんです。という精一杯の気遣いであると同時に、なんとかして会話や話題をふってください……!という他力本願的な無言のヘルプでもあります。

 

もっとも、相手が人見知りでない場合はかなり有効な手段でもあります。「ああ、この人は人見知りだったんだ」と認識してもらうことでこっちの気持ちも多少は楽になりますし、気を使っていろいろ話題を振ってくれる人もいます。相手に負担をかけてしまうことにもなりますが、自分が人見知りであることを知ってもらうことでこちらも緊張が少しゆるまり、ちょっとずつではあるものの会話が弾んでくるケースというのもありますよね。

 

これから会うことになる人に事前に人見知りであることを伝えておくのは、そういった精神面でのリラックスができる手助けになります。それを知らない人と会わなければいけない時はどうしても緊張してしまいますし、その緊張が緊張を呼ぶ悪循環になりがちです。しかし、相手が事前に知っていればそれがまったく逆の作用になる好循環になるわけです。

 

その3.フラれる経験を傷つかずにたくさんできる

 

異性にフラれるのはツラいです。それは男女問わず同じくらいツラいことだと思います。誰だってツラい思いをするのは嫌ですし、自分が傷つくことだってなるべくならしたくないものです。人見知りな人は特にこの傾向が強く、どうしても臆病になってしまいがちです。自分はどうせ人見知りだから上手くいかない、出会おうとしたってどうせ無駄、なんて風に最初から諦めてしまうからですね。

 

やる前から諦めてしまっていては上手くいかないのは当然なことです。人見知りで恋愛に臆病になってしまっている人は、フラれることに対して極度に怖がります。自分で自分を否定してはいるものの、他人から自分を改めて否定されることが嫌なわけです。フラれるのを恐れて行動しないのであれば、いつまでたっても出会いなんてあるわけがないんです。

 

魚が欲しいけど、エサだけもっていかれたり途中でバラしてしまうのが怖いから、といって釣り自体を始めない人がいたらどう思うでしょうか?いや、そんなの当たり前でしょ。百発百中で釣れる人なんていないし、失敗を重ねたあとに成功があるんだよ、と。失敗は成功の母とも言います。成功するためにはどれだけ失敗したかが大事になってくるんです。

 

その失敗体験を気軽に、しかも傷つかずに積むことが出来るのが出会い系です。出会い系を利用していく以上、何度もフラれることになります。ごめんなさいのメールをくれる人もいれば、返事がぱったりこなくなる人もいますし、突然無視リストにぶち込むような人もいます。

 

最初こそ「なんでフラれたんだろう!?私のどこがいけなかったの!?」と気になり後悔したりするものですが、そのうちどうでも良くなります。なぜなら自分も大したことはない理由でフッたり、なんか面倒くさくなったからという実に身勝手でどうでもいい理由で返事をしなくなったりするのです。お互い様、というやつですね。

 

やっていくうちにどんどん面の皮が厚くなっていくのがわかりますし、今までどれだけ気にしすぎていたんだろう、と馬鹿らしくもなってきます。人から否定されても動じなくなる、というメンタルは出会い系では必須の技能といえるでしょう。

 

その4.自分のペースで相手との距離をつめることが出来る

 

人見知りというのは言い方を変えれば「相手のことを考えすぎて気を使いすぎてしまう人」といえます。なぜそうなってしまうかといえば、相手との関係に距離をまだ感じているからなんですね。それも相当な距離を。普段の友達のように話せたら楽だけど、どうしてもそれができない。そんな真面目で礼儀正しい人ほど人見知りになりがちです。

 

いきなりお見合いのようなぎこちなさで「ご趣味はなんですか?」と切り出すのも堅苦しくて変な話ですからね。でも、同じ初対面でもメールであればそれが普通なんです。まずは敬語で堅苦しい口調から始まり、だんだんと口調がほぐれて親しみを感じるようになる。そもそも何も知らない会ったばかり同士で気さくに話し合えというのが無理な話なんです。一般常識を兼ね備えている人であれば、そんなことはいきなりできるものではありません。

 

なのでそういった相手のことを聞き出す堅苦しい会話はあらかじめメールですませておけばいいんです。そしてお互いにだんだんと親しみを感じてきた頃合いで、一度会ってみませんか?と誘ってみればいいんです。そんな段階であれば、ある程度は相手のことをわかっていますし、相手だって自分のことをわかってくれているはずです。

 

初対面で緊張してしまいうまく話せなくても、これまでメールでは楽しく会話出来ていたという実績がありますので、いきなり嫌われたり自信をなくしたりすることもありません。それに相手の趣味や好きなことをいくつか聞き出しておけば、あらかじめ何を話そうかという準備をすることも出来ます。この話題のストックがあるというだけですごく安心できるんですよね。

 

人見知りの人が最も恐れるのは「沈黙」です。その沈黙がおとずれそうになったとき、このストックを順に放出していけばいいだけなんです。いまならスマホのメモ機能なんかに書いておけば忘れることもないですよね。時間やメールチェックをするフリをして、そのメモ帳を確認すればいいだけです。

 

その5.初対面の人と会うというケースを何度も経験することができる

 

知らない人ともいきなり気さくに話せる人というのは、そういう特殊技能を持った人なんです。ごくまれに天性的な感覚でそれをこなしてしまう人がいますが、そんな人は例外中の例外であり、多くの人は場数を踏んで自分を鍛えてきた人なんで す。つまり、いま現在において人見知りの人だって技能を身につけることで人見知りから脱却できるわけです。

 

はじめは誰だって緊張します。今でも覚えていますが、私が初めて出会い系で会ったときというのは、それはもうズタボロでした。私なりにいろいろと話題などを考えていったり、色んな場面を想定してそれの対策を考えていたりもしましたが……。いざ初対面の場を迎えてみると、頭が真っ白になってしまってその準備はすべて水の泡。どこかへ吹き飛んでしまい、結局自分からはほとんど話せずじまい。100点満点でいえば2点くらいの出来でした。

 

しかし、そんな最悪のスタートをきったことはある意味では幸運でした。なにより、これ以上ひどいものはないだろう、という自信のような、やけっぱちのような気持ちがわいてきたからです。当然ながらその初めての人とはうまくいくことはありませんでしたが、たいして好みの女性でもなかったこともあり、気持ちの切り替えがスムーズに出来ました(笑)

 

なので本当にガチガチに緊張してしまうような重度の人見知りの人は、まったく好みじゃなくてフラれても痛くない人で「練習」するのもアリでしょう。大変に失礼な話ではありますが、すごく効果的でもあります。

 

こうして何度も初対面の場数を踏むことによって、いやでも慣れてきますし緊張なんてしなくなります。話題がつきたときは「いつものアレ」を話題にだそう、といった定番ネタが出来てきますし、こういうことを聞けば女性は喜ぶぞ、といった経験からくる知識も豊富になってきます。そしていつしか普通にこなしてく自分に自信をもつようになるんです。

 

つまり、初対面の人にはこうすればいい、というテンプレート(お約束・定石)が出来上がるわけです。あとは初対面のたびにそのテンプレートをこなすだけ。いまの接客業のレジ打ち対応などは、マニュアルが完全に決まっており上から順に覚えていくだけで対応ができるようになるそうですが、これも似たようなものですね。

 

毎回同じことをすればいい、というのはまさにその「技能」にあたるわけですね。厳密に言えば人見知りという性格自体に変化はありませんが、初対面の人に対する対処法というスキルは非常に高くなります。

 

初対面の人と出会って話す機会、をもっとも手軽に多くこなせるのは出会い系か路上ナンパ以外にあり得ません。路上ナンパが出来る勇気がある人であればそっちのほうが手っ取り早いですが、このブログを見ているような人たちは人見知りの人だけでしょうから(笑)まずは出会い系から始めることをオススメします。